グラフィックチップセットATI Radeon HD 4870搭載! PCI Express2.0、マルチ技術CrossFire X、HDMI出力対応 GDDR5-1GBメモリ搭載ハイエンドモデル GV-R487-1GH-B 発売

株式会社リンクスインターナショナル 2008年10月06日

GIGABYTE正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都
千代田区、代表取締役:川島 義之)は、Radeon HD 4870、GDDR5-1GB
メモリ搭載、PCI Express2.0、マルチ技術CrossFire X、HDMI出力に対応
したGV-R487-1GH-Bを2008年10月11日より、全国のPCパーツ専門店に
て発売開始いたします。

GV-R487-1GH-Bは、ATI Radeon HD 4870、DDR5-1GBメモリ搭載、
DirectX 10.1に対応したグラフィックカードです。Radeon HD 4870シリーズ
には、800基のストリーミングプロセッサ、従来の1.4倍となる9億5600万個
のトランジスタを搭載しています。

接続バスには帯域幅が従来のPCI Express1.1に加え、2倍の帯域幅を実現
する次世代バス規格PCI Express2.0をサポートいたします。現行の
PCI Express1.1と互換性を持ち、データ転送速度が16レーンでは16GB/sec
と、より高速なデータ転送が行なえます。GPUへの処理バランスを負荷分散し
3D処理能力を高めるマルチGPU技術CrossFire X対応になります。

高解像度(最大2560×1600ピクセル)出力が可能なデュアルリンクDVIに
対応しています。デジタルコンテンツの不正コピー防止を目的とする著作権
保護機能HDCP(High- bandwidth Digital Content Protection system)
を備え、鮮やかで忠実な動画表現やスムーズな次世代動画(HD)などの再生
環境を高める技術ATI Avivo HDをサポートいたします。

主な出力インターフェースは、DVI-I出力×2、D-Sub 出力×1(付属品使用)、
HDMI出力×1(付属品使用)、TVコンポジット出力×1(付属品使用)、
S-Video出力×1、コンポーネント出力×1(付属品使用)です。デュアルリンクDVI、
マルチ技術CrossFire X、HDCPに対応しています。

搭載メモリはDDR5/1GB、コアクロック750MHz、メモリクロック3600MHz、
メモリバス256bit、スロット形式はPCI- Express2.0×16になります。同梱の
付属品は、DVI→D-Sub変換アダプタ×1、DVI→HDMI変換アダプタ×1、
S-Video→コンポジット変換コネクタ×1、ペリフェラル電源→6ピンPCIExpress
電源変換コネクタ×1、CrossFireブリッジ×1、TV-OUT→AV/HDTV変換ケーブル
×1、ドライバCDになります[※1]。PCBフォームはATX、PCBサイズは241mm×
112mmです。有害物質の使用を制限したRoHS指令にも適合している環境に
優しい製品です。

[※1] 付属品は予告なく変更される可能性があります。



■□ GV-R487-1GH-B 製品特徴

・グラフィックチップRadeon HD 4870搭載
・帯域幅が従来の2倍 PCI Express2.0対応
・マルチ技術CrossFire X対応
・動画再生環境を高めるAvivo HD対応
・著作権保護機能HDCPに対応
・Windows Vista対応
・デュアルリンクDVIに対応
・マルチディスプレイ技術対応
・RoHS指令に適合!環境に優しい製品です



▼より詳しい情報はこちらから確認ください
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

V-R487-1GH-B

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?