調査結果「ダウンロード違法化に6割強が反対意思 ~違法化になってもCD購入頻度は変わらない」

株式会社アイシェア 2008年10月31日

音楽や映像などのダウンロードを規制する「ダウンロード違法化」法案が提 出されたことについては、6割が「知らなかった」と回答。法制化には、6割 強が「反対」と答えたが、実際法制化されたら「違法なコピーやファイル供 給などは減ると思う」と答えた人は2割に満たず、4割強が「変わらない」と 答えた。

 ダウンロード違法化に6割強が反対意思
   ~違法化になってもCD購入頻度は変わらない
 発表URL: (リンク »)

<調査概要>
現在の法律では違法に音楽や映画などをアップロードすることを規制し取り
締まっているが、ダウンロード側も違法になるという案が国会に提出される
ことになった。このダウンロード違法化について、ネットユーザーはどのよ
うに考えているのだろうか?意識調査を行い、20代から40代を中心とする男
女424名の回答を集計した。

ダウンロード違法化案が国会に提出されることについては、全体の60.6%が
「知らなかった:今知った」と答え、認知率は39.4%。男性は46.1%と女性
より約15ポイント高く、20代では53.8%と半数を超える認知率をみせた。

ダウンロード違法化に賛成か?反対か?の問いには、全体では「良く分から
ないが反対」が16.3%、「基本的に反対」が46.5%で、合わせると62.7%が
反対派。男性や20代、40代では7割前後の高い割合となっている。

賛成派の理由について自由回答形式で聞いたところ、「著作権は守られるべ
き」「ダウンロードする人がいなければアップロードも減ると思うから」と
いう意見が目立ち、「製作者擁護のために必要」とする意見や「当然のこと
だから理由はいらない」といった意見も見られた。

一方、反対派の理由については過度の著作権意識への否定的な意見が目立っ
た。「そもそも規制しても無駄」「ちゃんと規制できるかどうか疑問」といっ
た意見や、「不便になる」などといった声も多数見られた。

ダウンロード違法化が実現した場合、CDやDVDなどの購入頻度が増えると思う
か?の問いには、「変わらない」が全体の69.3%で、性別年代別問わず7割前
後の高ポイント。違法化されても、ダウンロード不要の媒体の購入は増えな
いと考える人が多いと言えそうだ。

また、著作権を無視した違法なコピーやファイル供給(アップロード)は減
ると思うか?と聞いたところ、全体では「変わらないと思う」が42.9%。
「減ると思う」は16.5%で、違法供給にも効果は薄いと見られている様子。
男女別では、「変わらないと思う」が男性46.5%、女性38.8%と男性の方が
約8ポイント高い。年代別では、特に20代で「変わらないと思う」が50.8%と
他の年代よりも約7ポイント上回る点が目を引いた。

ちなみに、音楽や映像に対し「今接している形式」の利用率と「ダウンロー
ド違法化が現実となった場合接するであろう形式」の想定利用率を比較して
みると、「購入」「レンタル」「ダウンロード購入」「知人との貸し借り」
といったものはほとんど差がないが、「音楽プレイヤーへ記録」「パソコン
に記録・管理」はいずれも違法化後の想定利用率の方が低い。ダウンロード
違法化が音楽プレーヤーやパソコンに取り込むコンテンツの幅を狭めてしま
うと予測しているのだろう。

<調査データ>
・「ダウンロード違法化」案が国会に提出されることを知っていましたか?
・ダウンロード違法化、あなたは賛成ですか?反対ですか?
・CDやDVDなどの購入機会が増えると思いますか?
・違法なコピーやファイル供給(アップロード)は減ると思いますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:424名
調査日:2008年10月25日~27日
男女比:男性:53.8% 女性:46.2%
年代比:20代:15.3% 30代:49.3% 40代:26.7% その他:8.7%

 ────────────────────────────────
 「ダウンロード違法化に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!