OEM提供開始 ステップメール配信などを含むASP型販促用顧客管理システム

ピーアールジャパン株式会社 2008年11月06日

From DreamNews

ピーアールジャパン株式会社は、
ステップメール配信などを含むASP型販促用顧客管理システムを
OEMとして提供することにしました。
2008年11月6日報道関係者各位
OEM提供開始 ステップメール配信などを含むASP型販促用顧客管理システムピーアールジャパン株式会社──────────────────────────────要約;
ピーアールジャパン株式会社は、
ステップメール配信などを含むASP型販促用顧客管理システムを
OEMとして提供することにしました。──────────────────────────────ピーアールジャパン株式会社は、ステップメール配信、スポットメール配信、
定期メール配信、会員登録システム、空メールシステム、ポイント管理システム
などを含む販促用顧客管理システム(NEO)を運営しています。
顧客のリストを記録、整理し、十分なフォローが出来ていない、
つまり、「顧客リストを十分に生かしていない」会社の問題を
解決するシステムです。
このシステムを利用しますと、見込み客や一回購入しただけのお客から、
何度も購入してくれてる顧客まで、そのリストを価値あるデータベースに
してくれます。その上、その属性にあわせて、フォローやリピート購入を
促すことが効率的に可能になります。
「顧客リストを生かして、売上を上げていく」ことが可能になります。
当社では、このシステムを事業主様に提供していますが、今回は、
中小企業や個人事業主などを会員としている企業に、上記のシステムを
OEMとして提供します。
OEMを利用する企業は、販促用顧客管理システムを使いたい事業主を
集めるだけで、ASP事業が可能になります。
サービス名なども独自につけることが可能です。
中小企業や個人事業主などを会員としているコンサルティング会社や
特定の業種の事業者を会員としている組織・会社や
多数の支社をもつ企業などに利用していただきたいと考えております。
組織としても、各会員への情報配信や会員管理に利用できますので、
組織としての付加価値をあげることが可能となります。
既存の会員データベースとの融合も可能です。
OEMは、サーバーごと提供させていただきますので、設置後
すぐに利用が可能になります。
(このシステムでできること)このシステムは、客のリストをデータベース化し、
フォローしたり、リピート購入を促す販促用に非常に適しています。お客様に定期的にコミュニケーションをはかるステップメール(オートメール)や
キャンペーンなどを適時伝えるスポットメールや携帯ユーザーからの登録に
便利な空メール登録などが利用できます。また、その反応率を分析できるクリック分析や、初回購入日、最終購入日や
累積購入回数、累積購入金額などをお客ごとに記録し、客のグループ化などを
可能にするデータの構築、またその属性によってのメールの配信のうちわけ、
ステップメールの分岐などにも対応可能です。もちろん、お客様へのポイント配布や携帯アドレスへの配信も可能です。
(一般の利用料金について)ライセンス2,500円(1年間有効)と、月々500円~の提供をしています。(OEM提供料金とお申し込み)いろいろな業種などをとりまとめる企業、組織に利用していただきたいと
考えていますので、リーズナブルな料金で提供させていただきたいと
考えています。ご相談などにも乗ります。
まずは、お問い合わせ下さい。
(リンク »)
以上
------------------------------------------------------------【ピーアールジャパン株式会社について】
代表取締役:紙田昇
〒165-0026
東京都中野区新井2-6-5 DSK情報センタービル1F
web : (リンク »)
【本件に関するお問い合わせ先】
担当: 佐々木(ささき)
TEL : 03-5913-2722 / FAX : 03-3389-5342電話での連絡可能時間帯 : 11:00~17:00
E-mail : mailsoft@prjapan.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!