ソニー・デジタルエンタテインメント 漫画家 谷岡ヤスジ作品に関する版権窓口業務を開始

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス 2008年11月17日

From ValuePress!

■ 谷岡作品の魅力をデジタル世代に伝えていきたい!

 1970年代に起こった「谷岡ヤスジ」ブームより、30年の月日が流れましたが、現在では単行本のほとんどが絶版となるなど、残念ながら谷岡作品の魅力を充分に伝えているとは言い難い状況にあるとソニー・デジタルでは考えております。
 その一方で、2005年秋に行われた「谷岡ヤスジ展」(三鷹市美術ギャラリー)は盛況を極め、その偉業への眼差しは失われる事なく続いております。また、谷岡作品に登場する「ムジ鳥」「牛のタロ」「ペタシ」などのキャラクター達は、それぞれが単体として魅力溢れる上、アート性の高さからもマーチャンダイジング化や、デジタル・アーツとしての可能性を大いに秘めていると考えております。

■ ユニクロでの商品化もスタート!

 この度、谷岡ヤスジのマンガ書籍の出版権・キャラクター関わる版権窓口業務を担当する機会に恵まれたことで、ソニー・デジタルとしては、デジタルコンテンツとしての最大活用はもとより、書籍化、マーチャンダイジング化、企業タイアップ等、積極的に展開させていただく所存です。
 既に、株式会社ユニクロでは、谷岡作品をモチーフにしたTシャツの商品化がスタート。12月には店頭に並ぶ予定で準備が進められています。その他にも出版プロダクションのメモリー・バンク株式会社より「昭和の名作マンガシリーズ(朝日新聞出版)」に収納されている名作「ド忠犬ハジ公」の再出版化が計画されています。
 また、本年8月29日の谷岡ヤスジ生誕の日には、谷岡ヤスジを支持する著名人があつまって、その偉業と才能を語らうイベントも実施されました。(イベント詳細は別紙参照)

 ソニー・デジタルでは、「 谷岡ヤスジ 」という日本のマンガ界に金字塔を打ち立てた偉大な作家を、谷岡ヤスジを知らない世代にも伝えて行くのはもちろんの事、現代に通じるアーティストとして新たなブームを起こすべく、鋭意努力いたす所存です。

本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先
(株)ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス マーケティング部 
 担当:岡田 E-mail:marketing@sonydes.jp

■ 作家紹介 谷岡ヤスジ(たにおか・やすじ)

1942年8月29日愛媛県宇和島市生。本名・谷岡泰次(やすつぐ)

赤塚不二夫と並び、日本ギャグマンガ界の巨匠と云われるマンガ家。
1970年、週刊少年マガジンに連載した「ヤスジのメタガキ道講座』で大ブレイク。
以後、強烈なキャラクターとストーリーとセリフで、独自の谷岡ワールドを展開。

1999年6月14日、逝去。

【代表作品】
 「ヤスジのメッタメタガキ道講座」
 「ヤスジの任侠道」
 「ベロベーマン」「アギャキャーマン」
 「ヤスジのド忠犬ハジ公」「のんびり物語」
【 代表キャラクター 】
 ムジ鳥 / ガキ夫 / ペタシ / バター犬 /タロ / タゴ / 花っぺ / アオ / ムギギ
 ハジ公 / のりかず / 谷岡ヤスジ

【映像化作品】
 「谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座」(1971年・三波伸介主演 江崎実生監督)
 「ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!」(1971年・三輪孝輝/高桑信一郎演出)

■ イベント紹介 『メッタメタヤスジ講座inアシャギャーロフトA』
【日時】2008年8月29日(金)

【出演】宇川直宏(アーティスト)、天久聖一(漫画家)、豊田夢太郎(元担当編集)他

【司会】直井卓俊

【イベント概要】
谷岡ヤスジ生誕の日に、各界より谷岡ヤスジに影響を受けた著名人があつまり、谷岡ヤスジという天才について語り尽くす、という企画です。永遠に谷岡ヤスジという漫画家を忘れないということと同時にヤスジリスペクターである宇川直宏さん、天久聖一さんなど若い層のファンを持つ人をお呼びし、谷岡ヤスジについてあまり知らない人達にもその存在を知ってもらうこと、21世紀にも広め続けることを趣旨に本企画を執り行いました。

■ 谷岡ヤスジ 公式ホームページ
■サービス:アニメーション・映画・キャラクターなどさまざまなデジタルコンテンツ、
■ URL  : (リンク »)

■ ソニー・デジタル概要
■サービス  :アニメーション・映画・キャラクターなどさまざまなデジタルコンテンツ、
およびサービスの企画、開発、製作、およびサイト運営
■URL  : (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!