モバイルウィジェット向けの運営エンジンWidgetBoxの販売開始について

ボクシーズ株式会社 2008年11月28日

From ValuePress!

モバイルウィジェット向けの運営エンジンWidgetBoxの販売開始について
~ コンテンツ情報を携帯電話の待受画面にすばやく配信! ~


ボクシーズ株式会社(東京都千代田区飯田橋、代表取締役社長:鳥居 暁、以下Boxyz)と株式会社プレジャーネクスト(千葉県千葉市中央区、代表取締役社長:大工原 一樹、以下PN)は、ソフトバンク携帯電話のモバイルウィジェット向けの運営エンジン『WidgetBox』の販売を開始しました。サービス開始は、12月中旬を予定しております。

モバイルウィジェットは、ソフトバンク携帯電話の待受画面にアイコンを貼り付けるだけで、情報を随時取得して最新の情報を表示できるサービスです。簡単な操作で各サービスのモバイルウィジェットをダウンロードし、好みの待受画面上に貼り付けるだけで情報を受信できます。インターネット上でのサービス提供者は、従来にない形態でユーザーに対してサービスを提供することが可能になります。

インターネット上でのサービス提供者は、WidgetBoxを導入することで、配信したい情報をモバイルウィジェット対応機種のユーザーに向けて『簡単にプッシュ配信』することが可能になります。第一弾として、モバイルウィジェットの初の対応機種『AQUOSケータイSoftBank 931SH』に対応いたします。
※WidgetBoxのサービス提供価格は、月額1万円(税別)~を予定。

【導入実績】

(リンク »)


◆株式会社プレジャーネクスト
コールセンター業務を主として訪問による営業も行っております。販売実績としては、大手通信会社代理店の中で約2年間1位の売上を達成しております。クライアント様は大手通信会社、外資系保険会社、システム開発会社等多岐にわたっております。
また、お客様との関係を大事にし、お客様と心の通じた関係を築くことを目的としています。

◆ ボクシーズ株式会社
PCおよび携帯電話コンテンツの企画・開発・運営を行っております。PCにおいては、写真家SNSのフォトプラザ( (リンク ») )およびWEBシステムの開発・運営、携帯電話においては、きせかえアレンジに代表される画面の一括カスタマイズ機能の開発で超短納期のフレームワークを実現し、多数のデザインの早期実現を行っております。また、モバイルウィジェット向けの運営エンジン(WidgetBox)の開発・運営をしております。

------------------------------------------------------------
このニュースリリースに関するお問い合わせ先

【販売元】
株式会社プレジャーネクスト
(リンク »)
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央3-18-3 千葉中央ビル7階
TEL:043-223-6425 FAX:043-223-6426  mail: info@pleasurenext.co.jp
WidgetBox窓口:0120-945-393
担当:織田村

【開発元】
ボクシーズ株式会社  (リンク »)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-6-2 奥村ビル6F
TEL:03-6268-9994 FAX:03-6268-9992 mail: otoiawase@boxyz.com
担当:村山、井上

*「モバイルウィジェット」「きせかえアレンジ」は、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標または商標です。
*「AQUOSケータイ」は、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
*ソフトバンク携帯電話の詳細については、ソフトバンクの公式サイトをご覧ください( (リンク ») )。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ボクシーズ株式会社の関連情報

ボクシーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!