サイバーリンク社、デジタルホームのリモートメディアアクセスの推進へ向け富士通株式会社と提携

自宅内におけるメディア接続を可能にするサイバーリンクのビジョン「the connected digital lifestyle」の実現に向けて

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年12月04日

台湾・台北 -- 【ビジネスワイヤ】 -- 2008年12月 4日 -- サイバーリンクは、富士通株式会社の2008年秋冬モデルの店頭パソコン(DESKPOWER/TEO/BIBLO)にサイバーリンクのデジタルホームソリューション技術が採用されたことを発表致しました。このバンドル製品は日本国内のみにおいて販売されます。


富士通株式会社のNetworkPlayerはCyberLink SoftDMAを元に開発・カスタマイズされ、UPnPデジタルメディアサーバに納められたメディアへリモートでアクセスすることができるソフトウェアソリューションです。


NetworkPlayerで、メディアサーバに納められたビデオ、写真、音楽にアクセスし、再生・ストリーミングすることができます。NetworkPlayer はホームネットワークに接続されたメディアサーバを自動的に検出することができます。また、ハイディフィニション映像の再生にも対応しています。


サイバーリンク最高経営責任者(CEO)アリス・チャン(Alice H. Chang)は以下のようにコメントしています。


「自宅のどこからでも簡単にデジタルメディアを楽しんで頂けるという事を、富士通株式会社のNetworkPlayerを通して多くのユーザー様へ紹介出来ることを大変光栄に思っております。弊社のビジョンである「the connected digital lifestyle」のさらなる推進とデジタルホームエコシステムを形成していくために、産業界のリーダと共に今後も努力し続けます。」


また、富士通株式会社 パーソナルビジネス本部 PC事業部 プロジェクト統括部長 山口 剛氏は以下のようにコメントしています。


「富士通株式会社はサイバーリンクと提携し、NetworkPlayerがプリインストールされたパソコンを出荷出来ることを大変嬉しく感じております。パソコンはデジタルホームの中心的な役割を果たします。私共の提携により、ユーザーは家庭内において特定の場所に限られず、最大限にデジタルホームを楽しむことができます。」


【製品情報】
富士通の最新のNetworkPlayerがプレインストールされたパソコンは日本国内のみにおいて販売されます。詳細に関しましては、 (リンク ») をご覧ください。


さらに、CyberLinkSoftDMA及びその他のデジタルマルチメディアソリューションに関しましては (リンク ») をご覧ください。


Contact:
CyberLink Corp.
Amy Tung, +886-2-8667-1298, ext. 2387
press@gocyberlink.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR