太陽電池向けインジウムの大きなビジネスチャンス

株式会社データリソース 2009年07月06日

米国の調査会社ナノマーケット社は出版レポート「太陽電池向けインジウム市場調査:概況、技術、将来予測 - Indium Markets for Photovoltaics」のプレスリリースにおいて、太陽光発電に使用するインジウムの消費は、インジウム市場を独占しているディスプレイ市場よりも急速に成長し、今後8年間で10倍になるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国調査会社ナノマーケット社の調査レポート「太陽電池向けインジウム市場調査:概況、技術、将来予測 - Indium Markets for Photovoltaics」は、『太陽光発電市場の金属レポートシリーズ』の一環で、太陽光発電産業における様々な金属のビジネスチャンスを査定している。インジウムなどのスパッタリングターゲットやナノ粒子のインク、電着の塩などの、太陽光発電に使用される材料の分析と市場予測を行っている。

主要な調査結果
太陽光発電に使用するインジウムの消費は、インジウム市場を独占しているディスプレイ市場よりも急速に成長し、今後8年間で10倍になるだろう。使用量は、2016年には228メートルトン(MT)を上回るだろう。

【調査レポート】
太陽電池向けインジウム市場調査:概況、技術、将来予測
Indium Markets for Photovoltaics
(リンク »)

ナノマーケット社 (NanoMarkets)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]