PandaLabs第二四半期マルウェアレポート日本語版(2009年4月-6月)

PS Japan株式会社 2009年07月15日

From PR TIMES

2009年第二四半期に検出された新しいマルウェアの 70%がトロイの木馬


・このタイプのマルウェアは4月から6月における全感染の3分の1以上の要因となりました。 
 Downloader.MDW Trojanがこの期間の最も活発なマルウェアでした。

・Twitterの悪用、ブラックハット SEOの手法、Waledacワームの詳細研究などが
 PandaLabs四半期レポートでカバーされているその他の問題です。

・PandaLabsの2009年第二四半期マルウェアレポート(日本語版)はこちらから
  (リンク »)



※Panda ブログ(日本語): (リンク »)
※Twitter:  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

PS Japan株式会社の関連情報

PS Japan株式会社

PS Japan株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]