サムスン社、ANADIGICS社のWCDMA PA製品群を、新型Omnia HDとMemoir携帯電話機に活用

JCN株式会社 2009年07月24日

サムスン社の世界初HD録画と8メガピクセル画像キャプチャ3G携帯電話に、ANADIGICS社のパワーアンプが採用されました

Warren, New Jersey, July 24, 2009 - (JCN Newswire) - ANADIGICS社(NASDAQ:ANAD)は本日、WCDMAパワーアンプ2機種が、サムスン社の新型Omnia HDとMemoir携帯電話機の電力供給用に採用されたことを発表しました。ANADIGICS社の AWT6224 3Gパワーアンプ・デバイスは、HD録画機能のついた世界初の携帯電話、サムスン社製新型フルタッチスクリーンOmnia HDで使用されることに決定しました。また、AWT6282は、8メガピクセルのMemoir携帯電話機の電力供給用に選定されました。

2009年5月にアジアとヨーロッパで発売開始されたOmnia HDは、すでにサムスン社でもっとも売れている電話機のひとつとなっています。Omnia HDは、720p 23fps HD録画機能つきの初めての携帯電話機であることに加え、3.7インチのフルタッチスクリーン・ディスプレイを搭載し、Wi-FiとBluetoothの両機能をサポートしています。サムスン社のMemoirは、今年のMobile World Congressで初めて発表された3Gフルタッチスクリーン携帯電話機で、デザインも機能も、オートフォーカスカメラにたいへんよく似ています。Memoirには8メガピクセル画像だけでなく、16倍デジタルズームや5種類の撮影モードなどの機能があり、サムスン社の新しい TouchWizユーザインターフェースで操作できます。

「サムスン社様の新型3Gマルチメディア携帯電話機の最高の2機種について、サムスン社様の設計チームと緊密に協業できることは大変光栄です。」と、ANADIGICS社社長兼CEOのMario Rivasは報告しています。「サムスン社様に選定いただいたANADIGICS社のパワーアンプにはどちらも、今回の携帯電話2機種に搭載された高度にイノベーティブなマルチメディア機能に必要な追加電力を、電力消費を最大75%低減しながら供給できる弊社独自のHELP3?技術が組み込まれています。」

ANADIGICS社のWCDMAパワーアンプ2機種は、業界トップレベルのリニアリティ、出力、効率性を提供するために、同社の先進的InGaP HBT MMIC技術を使用しています。

ANADIGICS WCDMA/HSPA PA製品仕様

- AWT6224 (Omnia HDに使用)は、3x5x1mm 900/IMTデュアルバンド・パワーアンプで、EGSMネットワーク展開でデュアルバンド携帯電話に求められる集積性の向上ニーズに対応しています。

- AWT6282 (Memoirに使用)は、WCDMA携帯電話用に開発された4x4x1.1mm AWSバンド・パワーアンプです。

詳しい情報は、 www.anadigics.com/worldwide_sales をご覧いただくか、ANADIGICS社(電話 +1.908.668.5000 またはFAX +1.908.668.5132)までお問い合わせください。

概要: ANADIGICS, Inc.

ANADIGICS(NASDAQ:ANAD) は、急速に成長している無線、及び、有線通信事業市場における、半導体ソリューションのトップ・サプライヤーです。1985 に創立され、ニュージャージー州ウォレンに本社を持つ同社の、数々の受賞歴に輝く製品には、パワーアンプ、チューナー集積回路、アクティブ・スプリッタ、ラインアンプ、その他の製品を取り揃えております。各製品は、単体でも、統合された無線周波数及びフロントエンド・モジュールのパッケージ向けとしてでも、ご購入可能です。詳細情報は、 www.anadigics.com をご覧ください。

セーフハーバー(Safe Harbor)についての記載

ここに記載されている過去についての情報を除き、本プレスリリースには、予測やその他の将来の見込みに関する記述(forward-looking statement)が (改正済1934年証券取引法で定義されている意義の範囲内において)含まれています。これらの予測および将来の見込みに関する記述は、将来の出来事と財務業績に関する会社の現在の見解を反映しており、一般的には、記述の中に含まれる「信じる」「期待する」「予測する」あるいは同様な趣旨の言葉により、特定可能です。同様に、当社の今後の計画、目標、見込みや目的を述べる記述は、将来の見込みに関する記述です。しかしながら、これらの出来事が起こるかどうか、あるいは、これらの予測が達成されるかどうかを保証することはできませんし、実際の結果および展開は、なんらかの要素の結果、予測と大幅に異なる可能性があります。実際の結果や展開が、そのような予測や将来の見込みに関する記述に明示または暗示された内容と、大幅に異なる結果となる原因となる重要な要因については、当社の2008年12月31日締め年次報告書(書式10-K)や、本文書で論じられているその他の文書など、米国証券取引委員会に提出された当社報告書に適宜詳述されています。

お問合せ先:

メディア向け広報
Charlotte Chiang
ANADIGICS, Inc.
141 Mt. Bethel Road
Warren, NJ, 07059
電話:+1 908.668.5000
e-メール:cchiang@anadigics.com

企業問い合わせ先
Jennifer Palella
ANADIGICS, Inc.
141 Mt. Bethel Road
Warren, NJ 07059
電話:+1 908.668.5000
e-メール:jpalella@anadigics.com

投資家向け広報
Thomas Shields
ANADIGICS, Inc.
141 Mt. Bethel Road
Warren, NJ 07059
電話:+1 908.412.5995
e-メール:tshields@anadigics.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。