Webサイトのセキュリティ診断結果の傾向分析レポート2009年版を公開

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2009年07月27日

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、2008年度に受託した217のWebサイトへのセキュリティ診断サービス(Webアプリケーション診断)の結果を分析してまとめた、「Webサイトのセキュリティ診断:傾向分析レポート2009」を公開します。

致命的な欠陥があるWebサイトの割合は前年度の41%から7%減って34%になったものの、情報漏えいに繋がる可能性があるWebサイトの割合は増加傾向にありました。また、依然として高い割合で発見される課題もありました。


「Webサイトのセキュリティ診断:傾向分析レポート2009」は、下記URLをご覧下さい。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]