世界の家電市場を促進する技術開発

株式会社データリソース 2009年09月28日

インドの調査会社RNCOS社が世界の家電製品市場を調査した「世界の家電市場調査:市場概況、市場動向、2012年までの製品別市場予測-Consumer Electronics Market Forecast to 2012」を出版

一連の魅力的な家電の新製品の機能が向上して、価格が下落したことで、家電市場は世界景気の動揺にも対抗することができた。家電業界は消費者の望む製品を提供するように進化し続け、家電販売は毎年記録を更新して上昇を保っていると、インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界の家電市場調査:市場概況、市場動向、2012年までの製品別市場予測 - Consumer Electronics Market Forecast to 2012」は報告している。

この調査レポートは、ホームネットワーキングの普及拡大が新しい動きをもたらしているとしている。ホームネットワーキングは、基本的にはMP3プレーヤ、コンピュータ、デジタルカメラ、テレビ、Wi-Fi機器などのそれぞれの機器に、相互接続やインターネットで接続する。さらに、より良い画質や高い音質が、消費者のハイディフィニション機器への関心を高めるだろう。

また、米国と欧州の両市場は、2009-2012年の予測期間中、CAGR(年平均成長率)5%で成長するだろうとも述べている。成長率が低いのは、米国や欧州ではすでに普及率が高いためである。さらに、ハイディフィニション(HD)家電への若年層の関心が高く、近い将来、この分野の市場を押し上げるだろう。

RNCOS社の調査チームは、将来、インドや中国などの新興国の需要が高まり、アジア太平洋地域は家電市場で最も高い成長率を示すだろうと見ている。2008-2012年のアジア太平洋地域の家電市場は、CAGR約10%で成長し、1020億ドル規模に達するだろう。

【調査レポート】
世界の家電市場調査:市場概況、市場動向、2012年までの製品別市場予測
Consumer Electronics Market Forecast to 2012
(リンク »)

◆インド調査会社 RNCOS社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。