株式会社E-Times Technologies、PCとライブカメラだけで安価に、かつ簡単にペイパービュー形式のライブコンテンツが配信できるコンテンツ配信システム「M3BOX」(エムスリーボックス)の提供を開始。

株式会社E-Times Technologies 2010年01月25日

From ValuePress!

プレスリリース

2010年1月25日
                          株式会社E-Times Technologies
                          代表取締役社長 吉田 宏徳
================================================================================
株式会社E-Times Technologies、PCとライブカメラだけで安価に、かつ簡単に
ペイパービュー形式のライブコンテンツが配信できるコンテンツ配信システム
「M3BOX」(エムスリーボックス)の提供を開始。
================================================================================

株式会社E-Times Technologies(所在地:東京都港区、代表取締役社長:吉田 宏徳)
は、ペイパービュー形式の視聴課金に対応したSaas型のストリーミングコンテンツ
配信システム「M3BOX」(エムスリーボックス)のサービスを開始致しました。
オンデマンド動画・ライブ中継の課金機能や資料の配布機能、会員管理機能などを
ワンストップで提供致します。

「M3BOX」(エムスリーボックス)  (リンク »)

株式会社E-Times Technologiesは、「チャット」や「双方向ライブ配信」などにより、
ライブでの情報発信を可能にする次世代のライブカメラコミュニティ「スティッカム 
ジャパン!」を運営しており、同サイト運営を通じて独自のライブ配信技術を蓄積して
おります。

今回、株式会社E-Times Technologiesは、自社のライブ配信技術を活用したコンテンツ
配信システム「M3BOX」を開発、提供を開始致しました。

「M3BOX」は、Multimedia、 Membership、Managementの3つの要素を1つにしたSaas型の
ストリーミングコンテンツ配信システムです。従来のコンテンツ配信ビジネスにおける
ボトルネックとなっていた配信システムや課金システムの構築、システム運用や監視の
ための人材の採用、占有帯域の確保などを全てワンストップで提供。「M3BOX」の導入に
より、これらのコストを大幅に圧縮することができます。

複雑なシステム設定や専用ソフトウェアのセットアップは一切必要なく、必要最小限の
用途であればネットワークに接続したPCとライブカメラ、マイクとイヤホンをご用意
頂くだけで、すぐにでもペイパービュー形式でのコンテンツ配信を行うことができます。

「M3BOX」では用途に応じた3つのパッケージを用意。ライブやイベントの模様を大画面
で楽しめる“プロモーション”、動画とpptなどの資料を連動させることができる
“セミナー”、過去製作した動画のパッケージ販売が可能な“ビデオオンデマンド”の
3種類の専用システムを提供致します。

そのほか、基本的な機能として、視聴チケットの作成・発行機能、登録会員の基本情報や
購入履歴などを管理できる会員管理機能、予めアップロードした動画の24時間視聴や
パッケージ販売を行えるビデオオンデマンド機能など、コンテンツ配信ビジネスに必要な
全ての機能を備えています。

契約後、最短3営業日でアカウント発行が可能。また、1ヶ月からの短期契約が可能で、
収益性の確認のために試験的に導入したり、年に数回のみという限定的な利用
にも対応することができます。

料金は動画配信が月額1万円から、ライブ中継が月額5万円(別途従量制利用料)と
なっています。


株式会社E-Times Technologiesでは、「スティッカム」で培った動画配信技術を
用いたさまざまなコンテンツやシステムを提供し、ユーザーに新たなメディアの
価値を広く告知して参ります。


------------------------------------------------------
Stickam JAPAN!(スティッカム)概要
------------------------------------------------------
米国Stickam.comの日本版サービスとして2006年9月22日にオープン。

スティッカムは、ウェブカメラやデジタルビデオカメラを使ってライブ放送を配信するだけ
でなく、その放送にチャットやライブ映像を介して参加したり、ビデオ会議やテレビ
電話などの「プライベートライン」としても活用できる新時代のメディアサービスです。

スティッカムデータ (Stickam JAPAN!/米国版 Stickam)    
サービス開始      2006年2月
登録メンバー数     550万人(2009年12月末)

Stickam JAPAN!      (リンク »)
米国版 Stickam      (リンク »)

------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. 会社概要
------------------------------------------------------
Advanced Video Communications, Inc. は、2004年、米国カリフォルニア州ロサンゼルス
市にて設立。ライブカメラコミュニティ「Stickam.com」は、サンマイクロシステム社の
J2EEや、マクロメディア社のフラッシュコミュニケーションバー等の技術を利用し、
マルチメディアコミュニケーションを提供します。

米国でのメディア掲載履歴  

・LA Times (2007年1月29日)
(リンク »)

--------------------------------------------------
株式会社E-Times Technologies 会社概要
--------------------------------------------------
設立:2004年4月
代表者:代表取締役社長 吉田 宏徳
資本金:8000万円
事業内容:ビデオコミュニケーションシステムを活用した様々なソリューションの企画、
提案およびコンサルティング

------------------------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社E-Times Technologies 
Stickam JAPAN! プロジェクト 担当:鶴見(つるみ)
[TEL] 03-5412-0200 [FAX] 03-5412-0271
[Mail] sales@etimestech.jp [URL] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社E-Times Technologiesの関連情報

株式会社E-Times Technologies

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。