ユーブロックス,デジタルカメラのフォト ジオタギングで重要な特許を取得~ コンパクト・カメラの写真に位置データを瞬時に付加 ~

ユーブロックスジャパン株式会社 2010年03月08日

From DreamNews

GPSチップ/モジュールとワイヤレス通信モジュール/ソリューションのリーディング・カンパニー、スイスの u-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は、米国と欧州の特許庁からカメラに使用する ユーブロックスのジオタギング技術 “キャプチャー&プロセス” に関する重要な特許を取得したと発表しました。
「弊社の実証済み キャプチャー&プロセス 技術は、デジタルカメラの低消費電力ジオタギングを可能にするベストなソリューションです」と、ユーブロックスの R&D ソフトウェア部門の取締役副社長兼共同創立者である Daniel Ammann は述べています。「本特許により、デジタル画像処理業界の弊社カスタマは大幅な競争上の優位性を獲得することになります」

ユーブロックス独自のキャプチャー&プロセス技術は、コンパクト・カメラに超消費電力に加え、1秒以下で写真にその位置情報を付加できる機能を提供します。これらの特性は、瞬時的な結果を望む一般消費者には重要でこれまでリアルタイム GPS をベースにしたソリューションでは 30 秒以上も待たなければならなかった問題を解決し、さらにその間の貴重なバッテリの寿命を浪費しなくてすみます。

現在、Google Earth、Picasa Web や Flickr などのオンライン アプリケーションを介してジオタギングフォトを共有することが主流になりつつありますので、コンパクト・カメラに自動ジオタギング機能を持たせることが市場の強い要求となっています。

ユーブロックスが取得した 米国の特許は、
● 米国特許 No. 7,619,662 は2009年11月17日に取得し、タイトルは”Method of position stamping a photo or video clip taken with a digital camera” 「デジタルカメラで撮られた写真やビデオクリップにその位置情報を付加する方法」です。

ユーブロックスが取得した欧州の特許は、
● 欧州特許 No. 1614115 は2009年11月4日に取得し、タイトルは”A Method of position stamping a photo or video clip taken with a digital camera”「デジタルカメラで撮られた写真やビデオクリップにその位置情報を付加する方法」です。

両特許の有効期日は2003年4月8日にさかのぼります。


*キャプチャー&プロセス技術に関する詳細は、こちらをご覧ください。
(リンク »)

* また、日本語版ホワイトペーパーは、こちらでご覧になれます:
『瞬時で低消費電力のジオタギング ”Capture & Process(キャプチャー&プロセス)”は次なるデジタルカメラのキラーアプリケーション』
ユーブロックスについて
ユーブロックスは、民生、産業および自動車市場向けに測位ソリューションとワイヤレス通信ソリューションを提供するファブレス半導体メーカーです。同社のソリューションにより、人、機器、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスは、GPS モジュール、GPSチップ、およびGPSソフトウェア・ソリューションなどのGPS製品群のみならずワイヤレス通信モジュールとワイヤレス通信ソリューションを提供していますので、ユーブロックス製品によりお客様は革新的でかつコスト・パーフォーマンスの高い製品を効率よく開発することができます。ユーブロックスはスイスを本拠に、欧州、アジアや米国などをはじめ世界各国に拠点を置き、現在180名の従業員がいます。ユーブロックスは 1997 年に創立され、スイスの証券取引所に上場(UBXN)しています。ユーブロックスの詳細については (リンク ») をご覧下さい。


<プレスリリースと製品のお問い合わせ先>
ユーロブロックスジャパン株式会社
カントリーマネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。