ウイングアーク、Dr.Sum EAの新インターフェイス製品を発表  企業の情報活用を促進する新製品:情報活用ツール「Dr.Sum EA MotionBoard」

データ集計・分析やデータ共有などさまざまな機能を一つの画面上に集約  Dr.Sum EAエンジンのラインナップ拡充で、企業力向上につながる情報活用を実現

ウイングアーク1st株式会社 2010年03月24日

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の新しいインターフェイス製品として、情報活用ツール「Dr.Sum EA MotionBoard」を発表し、3月31日より出荷開始することを、お知らせいたします。提供価格は、400万円(税別/1サーバ)で、初年度 30本の販売を目指します。
 「Dr.Sum EA MotionBoard」は、自分専用のダッシュボードを作成し、そのBoard(領域)上で、Dr.Sum EAのデータを用途に応じてチャートや明細データを使って集計・分析できるほか、グラフや画像などさまざまな情報をBoard(領域)上で扱うことができます。情報はBoard(領域)の自由な位置に配置でき、自由自在に拡大・縮小・移動して見ることができるため、見たい情報に効率よく辿りつくことができます。また、データの異常値をアラートでお知らせたり、定期的に集計結果をPDFで配信するプッシュ機能で、重要なデータを見逃すことなくDr.Sum EA MotionBoardが情報を知らせてくれます。加えて、その情報をグループや役職など権限に応じてデータ共有をすることができるので、個人で作成した集計結果などを状況に応じてメンバーに共有するなど、個人、部門、企業ごとの情報の可視化と柔軟な情報活用環境を提供することができます。


 また、既存のDr.Sum EAエンジンのDr.Sum EA PremiumとDr.Sum EA Enterpriseに加え、小規模向けのDr.Sum EA One、および中大規模向けのDr.Sum EA Premium Plusを新たなラインナップとして拡充し、Ver3.0SP2として3月24日より出荷開始いたします。Dr.Sum EAエンジンのラインナップ拡充により、小規模から大規模な運用まで、運用に最適な集計パフォーマンスを適切な価格で提供することで、さらなる市場展開と販売機会の拡大をはかってまいります。(※エンジンの製品ラインナップ、価格については下記をご参照ください)


Dr.Sum EA MotionBoardの特徴について
<自由分析>
 Dr.Sum EAのデータを自由集計、データ予測、傾向分析、差分分析し、簡単な操作でグラフィカルなチャートとしても、明細データとしても、利用シーンにあわせて活用することができます。また、これらの情報をBoard上の自由な位置に配置することができます。


<情報可視化>
 ひとつのBoard上で、全てのデータを管理することができます。膨大な情報をBoard上に表示した場合も、画面上のナビゲーションウインドウで全体のデータ配置イメージを把握でき、画面を拡大・縮小・移動することで非常に高い操作性で、見たい情報にたどりつくことが可能です。


<プッシュ機能>
 データの異常値を見つけ出し、問題のある集計結果についてはアラートを送信する、また、定期的にレポート情報をPDFで配信するプッシュ機能を備えています。見逃すことのできないデータの変化をDr.Sum EA MotionBoardが自動配信で知らせてくれるため、問題に対する素早い対処をとることができます。


<データ共有>
 アクセス権限や公開範囲の設定によって、部署ごとやチームごとといったパブリックな共有環境でメンバーとデータ共有することも、自分専用のプライベートな環境で活用することも可能です。また、Dr.Sum EAの集計結果だけでなく、さまざまな形式のファイルやコメント情報、リンク、画像データなどあらゆる情報をひとつの大きなBoard上で扱うことができます。例えば、ある商品の売上動向の集計結果に、該当の製品イメージの画像を合わせて表示することで、視覚的にも理解しやすい形で情報を伝えることができます。


 「Dr.Sum EA MotionBoard」は、データの変化から次の一手を考え出し新たな戦略を立案につながる情報と、情報の集約による管理コストの低減と業務効率化やコスト削減につながる情報活用の環境を提供いたします。また、企業の情報を柔軟な環境で情報を活用することで、企業の競争力を高めることに貢献してまいりたいと考えています。


「Dr.Sum EA MotionBoard」については、以下のサイトをご参照ください。
(リンク »)


<Dr.Sum EA MotionBoard 構成イメージおよび画面イメージ>:添付資料参照


<Dr.Sum EAエンジンラインナップおよびDr.Sum EA One、Dr.Sum EA Premium Plus提供価格>
(リンク »)
Dr.Sum EA One製品価格:100万円(税別/1サーバ、同時ログイン3)
Dr.Sum EA Premium Plus製品価格:600万円~(税別/1サーバ)


<本プレスリリースにあたり、先行して製品を評価いただいている企業様より、以下のご賛同コメントを頂いています。>

ウイングアーク テクノロジーズの「Dr.Sum EA MotionBoard」の発表を心より歓迎します。これまでもNTTソフトウェアでは、当社が提供する情報見える化ソリューション「InfoCabina」の中核としてDr.Sum EAを活用し、自社導入をはじめ、企業が持つ様々なデータから効率よく情報を可視化し、経営や迅速な意思決定に役立てるソリューションとして多くのお客様に好評いただいております。このたび発表される新しい情報の活用を実現する「Dr.Sum EA MotionBoard」を歓迎するとともに、“一歩先”の経営の「見える化」を実現する機能として「InfoCabina」への導入を含めて検討しております。「Dr.Sum EA MotionBoard」は、お客様のビジネスにおいて柔軟な情報活用を実現し、企業価値の向上につながる新たな情報活用ツールとなるものと期待します。


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社
営業推進本部 法人営業部 ソリューション営業部門
小牧 徳夫


「Dr.Sum EA MotionBoard」の発表を心より歓迎し、賛同いたします。昨年、導入したPJ収支管理システムのデータの「見える化」を検討した結果、Dr.Sum EA Premium 、Dr.Sum EA Datalizer for Webと新商品であるDr.Sum EA MotionBoardの採択となりました。社員全員に定型的な数字はDatalizerで“見せる化”を、更に比較、傾向分析等についてはMotionBoardで「見せる化」の検討、試行を始めています。「見える化」を「見せる化」と表現を変えたのは、経営状態を始めとし全ての情報を全てオープンにすること、全てのPDCAを全社員にオープンし、その中で見えた(見つかった)課題を解決し、結果も共有し、全員で成長していくことが目的です。情報は見せ方によって感じ取り方、印象が変わります。事実(特徴)が直感ではっきりと伝わる資料がベストです。これから社員全員が「物を見る力」=「判断力」を今以上に身に付くようにDr.Sum EA MotionBoardの機能を積極的に活用する予定です。


株式会社 エフ・シー・エス
代表取締役 藤本 繁夫


■データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」について
Dr.Sum EAは、経営者層から業務担当者まで幅広くデータ活用できる環境を用意し、事業の収益性や販売実績の管理などさまざまなデータを手元のPC上で自由かつ高速に集計分析できる環境を提供します。開発工数をおさえるノンプログラミング設計、使い慣れたExcelやWebブラウザなどの多彩なインターフェイス、またクライアントフリーなライセンス体系により全社導入を身近に実現するBIソリューションです。 導入実績:2,680社/4,780サーバ(2010年2月現在)


[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザーインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「StraForm」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化


[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2009年11月
(※2009年11月2日、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、持株会社体制に移行しました。)
資本金:1億円
売上高:81億円(2009年2月期)
従業員数:182名(2009年11月2日現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)


<製品・サービス関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp
Web: (リンク »)


※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。