アクテル、インテリジェントなミックスド・シグナルFPGAであるSmartFusionの包括的な開発環境およびエコシステムを発表

~ソフトウェア、IP、ファームウェア、および開発キットが出荷を開始~

アクテルジャパン株式会社 2010年03月26日

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は、新しく発表したインテリジェントなミックスド・シグナルFPGAであるSmartFusion<TM>向けの、使いやすく包括的な開発環境の出荷が開始されたことを発表しました。この広範なエコシステムには、Synopsys<R>のSynplify Pro<R>とIdentify、Mentor Graphics<R>のModelSim<R>、SoftConsole v3.1、Keil<TM>およびIAR Systems<R>のソフトウェアIDEの各機能を持つLibero<R>統合設計環境(IDE)v9.0が含まれており、さらに、Micriumの主要な RTOSとミドルウェアへのアクセスが含まれています。


FPGA、ハードARM<R> Cortex<TM>-M3プロセッサ・ベースのマイクロコントローラ・サブシステム、およびプログラマブル・アナログが、単一のSmartFusionデバイスに統合されたことにともない、アクテルは設計の統合を新しいレベルに引き上げました。アクテルのLibero IDE v9.0は、全機能搭載のFPGA設計フローを提供する一方で、SoftConsole v3.1(GNUコンパイラとデバッガ機能を持つアクテルのEclipseベース・ソフトウェアIDE)によって、マイクロコントローラ・サブシステム(MSS)用のCおよびC++の実行形式の迅速な生成が可能になっています。設計フローでの主な革新的機能はMSSコンフィギュレータです。この機能は、 Cortex-M3プロセッサ、ハード周辺機能、およびプログラマブル・アナログのコンフィギュレーションを可能にするものであり、FPGAフローの一部として、あるいは組み込み設計フローでのスタンドアロン機能として使用することができます。


FPGA、組み込み、アナログの各設計のための強固なエコシステム


アクテルのソフトウェアおよびシステム・エンジニアリング担当副社長、Jim Davisのコメント
「アクテルには、FPGA設計における業界のリーダー企業と連携してきた長年の歴史があり、強固なSmartFusionエコシステムの開発にもこの方法を採用しています。出荷開始の現時点では、アクテルは、生産性と使いやすさを最適化する設計ツールとフローを提供しており、FPGA設計者と組み込み設計者にSmartFusionテクノロジを採用していただけるよう推進しています。」

SmartFusionデバイスには、FPGA設計、組み込み設計、およびアナログ設計といった3つの異なるタイプの設計があります。企業の構成やプロジェクトの複雑さによっても異なりますが、これらの役割は、3人または2人、あるいは1人の設計者でも担うことが可能です。


■FPGA設計:Libero IDE(無償)は、すべてのアクテルFPGAの設計に対応する、アクテルの包括的なソフトウェア・ツールセットです。 Libero IDEには、タイミングや電力の最適化および解析を行う革新的な機能に加えて、Synopsys社のSynplify ProとIdentify、およびMentor Graphics社のModelSimなどの、業界をリードするシンセシス、シミュレーション、およびデバッグの各ツールも含まれています。


■組み込み設計:アクテルは、SoftConsole EclipseベースのIDEを無償で提供しています。このIDEには、GNU C/C++コンパイラおよびGDBデバッガが含まれています。アクテルは、Keil社やIAR Systems社と提携して、SmartFusionの組み込み設計者にソフトウェアIDEのサポートを提供しています。無償の評価版は各サプライヤから入手できます。完全版についても、各サプライヤからご購入いただけます。


■アナログ設計:MSSコンフィギュレータの1つの機能は、電流、電圧、および温度モニター、サンプル・シーケンス設定、ポストプロセッシング・コンフィギュレーション、およびDAC出力設定をシンプルなGUIで実現することです。


MSSコンフィギュレータによって、アナログ・コンフィギュレーションが可能になるばかりでなく、FPGAファブリックに追加された周辺機能用のメモリー・マップの自動生成、すべてのファームウェア・ドライバの生成、および各デバイス・ペリフェラル用のサンプル・コードの提供が可能になります。そのため、FPGA設計者と組み込み設計者との間の境がなくなり、デバイス・コンフィギュレーションが設計チームのメンバー間で容易に共有できるようになります。


今すぐ設計の開始が可能
SmartFusion評価キットは現在購入が可能なため、設計者はすぐにこの新しいテクノロジを使用することができます。 このプラットホームは、Keil、IAR Systems、およびMicriumをサポートし、電力管理などの垂直アプリケーション用のドーター・カードを追加する機能を備えています。 アクテルは、SmartFusion設計者用のポートフォリオをより充実するために、エコシステムの新規サプライヤを引き続き拡大していきます。

さらに、より多くのオフチップ・メモリ、機能強化されたアナログ機能、およびCAN、RS-485、EtherCATなどの追加インターフェイスを必要とする設計者向けに、SmartFusion開発キットも出荷を開始しています。


価格と出荷時期

Libero IDEの詳しい情報は、次のウェブサイトをご覧ください。

www.actel.com/products/software/libero

SoftConsoleの詳しい情報は、次のウェブサイトをご覧ください。

www.actel.com/products/software/softconsole

SmartFusionファミリについての詳しい情報は、アクテルの正規代理店にお問い合わせ下さい。


アクテルについて
アクテルは低消費電力とミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、システムならびに電力管理の広範囲にわたる製品群を提供しています。アクテルは、電力が課題(=Power Matters)だと考えています。詳しい情報はウェブサイトjp.actel.comをご覧下さい。


最新情報の取得:
RSS:www.actel.com/rss
Twitter:www.twitter.com/actelcorp
Facebook:www.facebook.com/actelcorp LinkedIn:www.linkedin.com/companies/actel

※ Actel、Actel Fusion、IGLOO、 Libero、Pigeon Poinst、ProASIC、SmartFusionおよび関連するロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクテルジャパン株式会社の関連情報

アクテルジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]