EDI構築パッケージ「ROS3 (ロス・キュービック)」が次世代EDI通信プロトコル「JX手順」に対応 ~「BMSConnector JXオプション」販売開始~

セイコーソリューションズ株式会社 2010年03月31日

 セイコープレシジョン株式会社(代表取締役:中村敏宏、本社:千葉県習志野市茜浜1-1-1、 TEL:047-453-0111)は、EDI構築パッケージ「ROS3(ロス・キュービック)」のオプションとして、次世代EDI通信プロトコルである「JX手順」に対応した「BMSConnector JXオプション」を6月より販売開始いたします。


 「ROS3」は、マルチプロトコルコンバータ(UST)メーカとして、さまざまな通信手順に対応してきたノウハウを生かし自社開発したEDIパッケージです。お客様の受発注業務などに2000本以上の販売実績があります。
 本商品「BMS Connector JXオプション」は「ROS3」のオプションとして、JX手順によるサーバ/クライアント間のデータ交換をサポートします。次世代EDIのガイドライン「流通BMS」で採用されたJX手順に対応することで、レガシーEDIと次世代EDIを統合して運用することが可能となります。


 「ROS3」は、「流通BMS」で採用されている「AS2手順」に対応済みであり、今後、同様に「ebXML手順」への対応を進めてまいります。
 また、セイコープレシジョンでは、パッケージ販売とともに、パッケージを活用したシステムの構築やハウジングなど、トータルなEDIソリューションをお客様に提案し、積極的な事業展開と顧客の拡大を図ってまいります。


<BMSConnector JXオプション>
● 対応OS:Windows Server 2008  ※その他OSにも順次対応予定
● 販売価格:30万円~(別途ROS3/EDIが必要となります)
● 初年度目標販売数:50本


【ROS3】ROS3は、企業間データ交換の際に必要な通信プロトコルである「全銀BSC・全銀TCP/IP・JCA手順やAS2・HTTP(S)・FTP・SFTP手順」をサポートし、ユーザシステムの要件に合わせて必要な機能を組み合わせ、低価格なEDIシステムを短期間で構築できるEDI構築パッケージ。
【JX手順】流通BMS対応プロトコルの1つ。SOAP-RPCを使用したPULL型の通信プロトコル。


※ ROS3はセイコープレシジョン株式会社の登録商標です。
※ 流通BMSは財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
※ Windows、Windows Serverは米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
※ 本文中に記載されている会社名、製品名等は、各社の商号、商標または登録商標です。


<報道機関からのお問い合わせ先>

セイコープレシジョン株式会社
経営企画部 広報担当 安達
TEL:047-470-7028   E-mail:icenter@seiko-p.co.jp 


<お客様からのお問い合わせ先>
セイコープレシジョン株式会社
ソリューション営業部 ソリューション営業1課 岩崎、小沢
TEL:03-5620-6834  E-mail:support@seiko-p.co.jp

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

セイコーソリューションズ株式会社の関連情報

セイコーソリューションズ株式会社

セイコーソリューションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]