CA Technologies、リカバリ・マネジメント・ソリューション「CA ARCserveシリーズ」の専門サイト 「ARCserve More Than Backup」を新たに開設

CA Technologies 2010年08月11日

From DreamNews

CA Technologies(東京都新宿区、代表取締役社長:バスター・ブラウン)は、CA ARCserveシリーズの専門サイト、「ARCserve More Than Backup」( (リンク ») )を開設したことを発表します。
CA Technologies(東京都新宿区、代表取締役社長:バスター・ブラウン)は、
CA ARCserveシリーズの専門サイト、「ARCserve More Than Backup」
( (リンク ») )を開設したことを発表します。

「ARCserve More Than Backup」は、多様化するデータ保護ニーズにワンストップで応える
リカバリ・マネジメント・ソリューション「CA ARCserveRシリーズ」の最新情報の提供と、バックアップに関する分かりやすい解説で、バックアップ・リカバリに関するソリューションの認知・理解を拡げるサイトです。CA Technologiesが主体となって運営を行います。最新のバックアップやリカバリに関心がある企業のCIOからエンジニアの方まで幅広い人々にためになるサイトです。

「ARCserve More Than Backup」で展開する主なコンテンツは、以下の通りです。
・CA ARCserveに関する最新ニュース
・仮想環境や重複排除などのバックアップソリューションの理解
・トライアル版ダウンロード
・無償セミナーのご案内
・イベント情報/講演レポート 他
・各種ホワイトペーパーダウンロード
・ユーザー企業の導入事例
・購入方法やサポートなどのご案内

CA Technologiesは、企業の多種多様なデータ保護ニーズに包括的に対応するリカバリ・マネジメント・ソリューションの最新版「CA ARCserve シリーズ」を提供しています。
最新版の「CA ARCserve r15シリーズ」は、下記3ソリューションから構成されます。
1. ディスクベースのシステムバックアップ・ソリューション:「CA ARCserve D2D r15」
2. バックアップ・ソリューション:「CA ARCserve Backup r15」
3. レプリケーション(複製)・ソリューション:「CA ARCserve Replication r15」/「CA ARCserve High Availability r15」

最新版では、ディスクベースのシステムバックアップを実現するCA ARCserve D2Dがポートフォリオに追加されました。今日、小規模システム市場においては、十分なIT管理者を確保できない、ITに対して十分なコストを費やせない、運用方法がわかならい、などといった課題があり、適当なリカバリ管理が行われていないのが現状です。そういった市場のニーズに対応すべく、企業・組織が、低コストかつ簡単にデータ保護を行えるように支援します。
さらに、包括的なリカバリ・マネジメント製品群であるCA ARCserve r15シリーズにより、企業は時と場所を問わずそのビジネス・ニーズの変化に合わせて重要なデータを管理できるようになります。今回新たに強化されたサーバ仮想化技術への対応やBCP(事業継続計画)/災害復旧対策などにより、多様化するITニーズに応えるデータ保護を実現するために、単なるバックアップ以上の価値を提供し、真に可用性の高い情報システム基盤の実現を支援します。


◆CA ARCserveシリーズの専門サイト「ARCserve More Than Backup」◆
《TOP》
(リンク »)
《バックアップのすすめ》
(リンク »)
《製品情報》
(リンク »)
《無料トライアル》
(リンク »)
《購入方法》
(リンク »)
《販売パートナー》
(リンク »)
《お知らせ》
(リンク »)
《blog》
(リンク »)
《twitter》
(リンク »)


◆CA Technologiesについて◆
CA Technologiesについて
CA Technologies(NASDAQ: CA)は、メインフレーム、分散システムから
仮想環境、クラウドに至るまで、あらゆるIT環境における専門知識とノウハウ
を有するITマネジメント・ソフトウェア/ソリューション・ベンダです。
CA Technologiesは、IT環境を管理し、安全確保のための手段を提供する
ことで、お客様がITサービスを柔軟に行えるよう支援しています。
CA Technologiesの革新的な製品とサービスは、IT組織にとって不可欠な
洞察力とコントロール能力を提供します。フォーチュン500の多くの企業が
CA Technologiesの製品/サービスを活用し、絶えず変化するITエコシステムを
管理しています。
CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、
< (リンク ») >(日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、www.twitter.com/caincをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


◆本件に関するお問い合わせはこちら◆
CAジャパン・ダイレクト
TEL:0120-702-600
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。