編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

UDMAモード6対応、600倍速コンパクトフラッシュカード “CompactFlash Ultimate 600x”を発表

高速性と大容量性を兼ね備え、ハイエンドデジタル一眼レフの性能を引き出す

Kingston Technology株式会社

2010-10-01 17:00

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyのフラッシュメモリ関連事業会社であるKingston Digitalは10月1日、Kingstonのコンパクトフラッシュ製品ライン最速となるUDMAモード6対応、600倍速を実現したメモリカード『CompactFlash Ultimate 600x』(製品型番:CF/XXGB-U3)を発表いたしました。同製品は、2種類の容量(16GB、32GB)で提供されます。
同製品は、UDMAモード6に対応し、最高 90 MB/秒 という高速なデータ転送速度を誇り、当社のコンパクトフラッシュ製品ラインのなかで最速となるメモリカードです。16 GBと32 GBの大容量で提供されるため、RAWモードやHDビデオで撮影した画像や動画の大容量ファイルの保存に最適です。また、データの安全性を確保するため、MediaRECOVER社のWEBサイトからデータ復旧ソフトウェアを無料ダウンロードすることが可能です。

当社でAPAC地域フラッシュメモリ販売ディレクターを務めるネイサン・スー(Nathan Su)は「我々は当社のコンパクトフラッシュ製品ラインに新たに“CompactFlash Ultimate 600x”カードを追加できたことを嬉しく思います。“CompactFlash Ultimate 600x” カードは、バーストモードで写真を撮影する写真家の方々にとって最適な製品となるでしょう。結婚式やスポーツイベントのような連続したショットを素早く撮る能力が必要不可欠となる場面で活躍することでしょう。」と語っています。

KingstonのCFカードは製品寿命期間保証、無料のテクニカルサポートつきで提供されます。

【CompactFlash Ultimate 600x】
製品型番/メモリ容量と特長
CF/32GB-U3/32GB 600x CompactFlash カード
CF/16GB-U3/16GB 600x CompactFlash カード

【CompactFlash Ultimate 600x の特長と主な仕様】
容量*1: 16GB、32GB
寸法: 36.4mm x 42.8mm x 3.3mm ― CF Type I
速度*2: 読み出し 90MB/秒、書き込み 90MB/秒
安全性: MediaRECOVER社Webサイトからデータ復旧ソフトウェアをダウンロード可能 (Windows/Mac対応)
動作温度範囲: 0℃ ~ 60℃
保存温度範囲: -20℃ ~ 85℃
規格: CompactFlash Association 標準仕様に適合
簡便性: プラグアンドプレイ
経済性: オートスリープモードによりシステムのバッテリ寿命を延長可能
保証期間: 製品寿命期間

*1表示されている容量の一部はフォーマッティングやその他の機能に使用されるためすべてがデータ保存のために利用できるわけではありません。そのため、データストレージで実際に利用可能な容量は製品に表示されている容量より小さくなります。
*2 速度はホストおよびデバイスの設定により変わることがあります。

このプレスリリースの付帯情報

CompactFlash Ultimate 600x

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]