編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

今なら無料でお試しいただけます!月額9,800円からのSEO対策「SEOオートマチック」販売開始のお知らせ

株式会社ツボックス

From: ValuePress!

2010-11-09 14:00

報道関係者各位
プレスリリース
                           2010年11月09日
                         株式会社ツボックス

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 今なら無料でお試しいただけます!
 月額9,800円からのSEO対策「SEOオートマチック」販売開始のお知らせ

        (リンク »)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

株式会社ツボックス(東京都杉並区、代表取締役:大坪秀行 以下当社)は、
2010年11月09日より月額9,800円からのSEO対策ツール「SEOオートマチック」
の販売を開始いたします。

また、サービスリリース記念として、無料登録だけでも10,000円分のポイント
をプレゼント中。今なら無料でお試しいただけます。


■概要

充実の3大機能が、月額9,800円から。SEOは自分でできる。

半年1,000社の導入実績をもつ究極のSEOサービス「SEOオートマチック」のご
提供を開始しました。

SEO対策は、サイト自体を改善する「内部施策」とサイトへの適切な参照数
(リンク数)を増やす「外部施策」。そして、それらを実施し続けた「経過時
間」により高い効果を出すことが可能です。

「SEOオートマチック」は、この3要素を念頭に「3つの機能」をご提供します。

1.内部施策

対象となるSEOキーワード(1申し込みで3キーワード対応)ごとに、内部施策
の改善レポートを表示させることが可能です。もっとも重要なキーワード使用
率など、「すぐに改善できる部分」を自動でアドバイスいたします。

2.外部施策

AdWordsのようなやテキスト広告を、様々なサイトに出稿することが可能です。
出稿はSEO効果が高いといわれる直リンク方式になります。
この広告出稿だけで非常に高いSEO効果が出せています。

3.経過時間

日々の順位を自動チェック。グラフでわかりやすく表示します。
メールでの自動告知等の管理運用支援機能をご活用いただけます。

4.その他

お友達紹介機能で、売り上げの30%分を毎月ポイントでバック。
そのポイントで追加SEO施策を無料でお申し込みいただけます


■サービスリリース記念キャンペーン

今なら無料登録だけでも10,000円分のポイントプレゼント中。
まずは、無料でお試しいただけます。


■サービス紹介ページ (リンク »)


株式会社ツボックスでは、創業来10年間にわたるプロモーション支援事業の経
験、実績をもとに、今後もSEO対策をはじめ、キャンペーン企画、販売促進対
策などネットビジネスの支援サービスの向上に努めてまいります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ツボックスについて

社名(商号):株式会社ツボックス
設立:2000年5月
代表者:代表取締役 大坪秀行
本社:〒167-0034 東京都杉並区桃井1-5-4-406
Tel:03-5303-1320 Fax:03-5654-7069
高円寺Office:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-21-6 モンブランビル2F
Tel:03-5654-7588 Fax:03-5654-7587
URL: (リンク »)

関連URL:
・SEOオートマチック (リンク »)
・ビジネスソリューション (リンク »)
・懸賞のつぼ★ (リンク »)
・サンプルボックス (リンク »)
・HAPPY!高円寺 (リンク »)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
(リンク »)
Tel:03-5303-1320
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]