Samsung、超高速スマートフォンにST-Ericssonのソリューションを選択

JCN株式会社 2011年02月17日

Barcelona, Feb 17, 2011 - 世界一流の携帯電話メーカーの一社であるSamsung Electronicsは、ST-Ericssonから上級HSPA+モデムを選び、先端を行くGalaxy S(TM) 4G(T-Mobile USAのみ取り扱い)をサポートします。この4G HSPA+スマートフォンでは初めて、理論上最高21Mbpsのダウンロードスピードおよび最高5.76 Mbps のアップロードスピードが可能です。電力効果が優れていて、高度に統合された Thor(TM) M5720モデムは、最近T-Mobile USAがアメリカ最大の4Gネットワークに導入し、今までにない高速の接続性と長いバッテリー寿命を誇ります。


Thor M5720モデムは 64-QAM 技術もサポートし、モバイルオペレーターはスペクトルをより効果的に利用し、より多くのデータを同時に空気を通して転送し、消費者はより優れたモバイルブロードバンドを経験できます。


「Galaxy S 4Gハンドセットはウェブサーフィン、ビデオのアップロード、写真の掲示やリアルタイムロケーションベースのサービスのアクセスなど、消費者とビジネスマンにすばらしい経験をもたらします。」とSamsung Electronics R&D戦略グループ、副社長であるHyungmoon Noは語ります。「ST-EricssonのHSPA+ソリューションにより、Samsungはバッテリー寿命を損なわずに、費用効果の優れた、高性能のスマートフォンが開発できます。」


「SamsungとST-Ericssonはともに、多くの固定接続より高速でインターネットに接続できる、超高速4Gスマートフォンを導入して、新分野に踏み出しています」とST-Ericssonのエクゼキュティブバイスプレジデント、チーフテクノロジーオフィサーおよび戦略担当のJörgen Lanttoは語ります。「当社のスマートフォン用の世界初の上級HSPA+技術は、上級スマートフォンにとって21Mbps接続性を新しいベンチマークとし、同時にモバイルオペレータはスペクトルをより効果的に利用し、顧客は非常に高度なマルチメディアサービスを享受することができます。」


編集者向け註
2011年1月から、148のHSPAオペレーター(つまり40%近く)が67ヶ国でHSPA+ネットワークの展開にコミットしました。合計103のオペレータ(つまり4社のうち1社)が57ヶ国でHSPA+システムを業務用に導入しました(グローバルモバイルサプライヤ協会)。
ST-Ericssonの詳細はThor modemsをご覧ください。
(リンク »)


概要: ST-Ericsson
ST-Ericssonは、幅広いモバイルテクノロジを網羅した、革新的なモバイル・プラットフォームと最先端のワイヤレス半導体ソリューションの完全なポートフォリオを開発、提供している世界的リーダー企業です。同社は携帯端末製造最大手各社へのトップサプライヤであるとともに、その製品とテクノロジは今日市場に供給されているすべての携帯電話の半数以上に採用されています。2010年の売上(暫定値)はおよそ23億ドルに達しています。ST-Ericsson は、STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)およびエリクソン(NASDAQ:ERIC)による対等出資(50:50)の合弁企業として2009年2月に設立され、本社はスイス・ジュネーブに置いています。ST-Ericsson の詳細は、Webサイト www.stericsson.com をご覧ください。 www.twitter.com/STEricssonForum


報道関係者からのお問い合わせ
Phone: +41 22 930 2733
Email: media.relations@stericsson.com


投資家からのお問い合わせ
Phone: +41 22 929 6973
Email: investor.relations@stericsson.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。