BSA、ソフトウェアの不正利用防止のための社内研修を支援する 「BSA社内研修用eラーニングサービス」を公開

Business Software Alliance (BSA) 2011年07月19日

From PR TIMES



2011年7月19日
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)

BSA、ソフトウェアの不正利用防止のための社内研修を支援する
「BSA社内研修用eラーニングサービス」を公開
~ 組織内の社員だけでなく、経営陣のリテラシー向上も視野に入れ開発 ~

安全で信頼できるデジタル社会の実現を推進するビジネス ソフトウェア アラ
イアンス(以下、BSA)は、本日より知的財産であるソフトウェアの著作権侵
害の防止を目的とした、「BSA社内研修用eラーニングサービス」を
BSAホームページにて無料提供を開始します。

BSA社内研修用eラーニングサービス
(リンク »)

企業や組織は、公平・公正な競争環境の下、事業の継続性を維持するため
にも、組織内のコンプライアンス管理を求められると同時に、投資に対する収
益を最大化するためにも、その資産を管理し有効活用しなければなりません。
今日の企業経営において不可欠な存在となったIT。そのIT全体を統制し、企業
情報システムの企画、運用コストの最適化や新規投資の課題に加えて、全社員
に対するITリテラシー教育等も重要な課題となっています。本eラーニングサ
ービスは、組織内の社員はもちろん経営陣のリテラシー向上も視野に入れ開発
したもので、ソフトウェアの正規ライセンス利用の重要性や不正利用における
企業リスクの大きさなどを、解説やテストを通じ完全無料にて学んでいただけ
るものです。また、このeラーニングサービスをご利用いただけば、社員の皆
様の履修状況の確認も容易となり、社内研修を実施する際の社内リソースの負
担軽減にもお役立ていただけることと思います。

 本サービスを活用していただければ、企業・組織・団体等に所属するすべて
の方々が、知らないうちにソフトウェアを不正利用することを防止するための
知識を約50分程度の所要時間で学んでいただくことができます。受講していた
だく皆様のニーズに合わせた2つの入門コース、(1)「トップマネジメントのた
めのソフトウェア・コンプライアンス入門(全5章)」と(2)「いまさら聞けな
いソフトウェア・ライセンス入門(全4章)」を用意しています。

 各コースともに、受講者自身が対談形式のコンテンツを読み進んでいき、
各章末にあるテストに回答するという構成となっています。また、各章末テス
トに合格しないと、次章へ進むことができないため、受講者のより深い理解を
促進する効果も期待できます。

 ◆トップマネジメントのためのソフトウェア・コンプライアンス入門
(所要時間: 約50分)
経営者の方およびソフトウェア管理者向けに構成されたコースで、企業や組織
等におけるソフトウェア管理の重要性や、ソフトウェア管理が経営にもたらす
効果について紹介しています。

 ◆いまさら聞けないソフトウェア・ライセンス入門
(所要時間: 約50分)
ソフトウェアを利用するすべての方向けに構成されたコースで、ソフトウェア
の利用において誰もが知っておくべき利用時の留意点や基本のポイントを紹介
しています。

本サービスをご利用いただくためには、企業/団体内において受講管理者と
なるご担当者のご登録が必要となります。ご登録方法に関しては、上記URLに
てご紹介させていただています。運用サポートのためのマニュアルも本サイト
よりダウンロードしていただけます。また、受講開始前に本サービスの利用規
約をご一読の上、同意していただく必要があります。

以上

*BSAeラーニングサービスには、<公開版>と今回ご紹介します<社内研修用
>の2つのサービスがあります。受講登録の必要がなく、どなたでも気軽に受
講いただける<公開版>は、去る7月11日より提供を開始しています。


■BSAについて
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、世界80カ所以上の国や地域
において、政策提言、教育啓発、権利保護支援などの活動を通じ、ビジネスソ
フトウェア業界の継続的な成長と、安全で信頼できるデジタル社会の実現を目
指す非営利団体です。BSAは急成長を遂げるビジネスソフトウェア 業界を牽引
するメンバー企業によって構成されています。1988年の米国での設立以来、常
に政府や国際市場に先駆けて、世界のビジネスソフトウェア業界とそのハード
ウェア・パートナーの声を代表する組織として活動を継続し、教育啓発および
著作権保護、サイバーセキュリティー、貿易、電子商取引を促進する政策的イ
ニシアティブなどを通じ、技術革新の促進に努めています。BSAのメンバーに
は、アドビシステムズ, アジレント・テクノロジー, アンシス, アップル, Aq
uafold, ARM, Arphic Technology, オートデスク, ベントレー・システムズ,
CNC/Mastercam, コーレル, Dassault Systemes SolidWorks Corporation, メ
ンター・グラフィックス, マイクロソフト, Minitab, NedGraphics, オルボテ
ック, Parametric Technology Corporation, Progress, Quest Software, ロ
ゼッタストーン, シーメンス, サイベース, シマンテック, テクラおよび The
MathWorksが加盟し、活動を行っています。詳しくは、BSA日本のウェブサイ
トwww.bsa.or.jp、または、BSA米国本部のウェブサイトwww.bsa.org/usa(英
語)をご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。