編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

M+W グループ、従業員数 7,000名を超える

M+W Group

From: JCN Newswire

2011-10-30 20:21

Stuttgart, Germany, Oct 30, 2011 - ( JCN Newswire ) - 国際的な設計・建設会社である M+W グループの従業員数は新記録を達成した。今年の9月30日付けで、従業員数は7,000名を超え、年度初めからおよそ900名以上増加した。新入社員の約60%はアジアで雇用され、およそ20%がそれぞれヨーロッパおよびアメリカで雇用された。

「2009年末には従業員数が4,500で、今は7,000名を越えている。 つまり、2年以内で従業員数が50%以上増えたことになり、これは世界中のお客さまから高く評価されていなければできなかったことだ」とM+WグループのCEOであるJürgen Wild氏は語る。 「当社が新しい、資格を持った社員を惹きつけるために実行した多くの手段が成功したことも大変うれしく思う。」

M+Wグループは現在全世界でおよそ170の空きがあり、その募集広告はプリントメディアだけでなく、多くのオンラインポータルおよびM+Wグループウェブサイト( www.mwgroup.net (リンク ») )で見ることができる。 いくつかの技術力のある大学とその学生と直接連絡することも、新入社員を惹きつける重要な方法の一つである。 M+Wグループの専門家はさまざまなグループの工学部の学生に自分たちの専門家としての経験を説明し、国際的な設計・建設ハイテク企業でのキャリアのチャンスについて話す。 このようなイベントでは、海外でのプロジェクトに特に興味が集まる。

M+Wグループはいくつかの国で新人の設計者に対して、特別なサポートプログラムを用意している。 このプログラムにより、工学部の学生はドイツまたは海外でM+Wグループのプロジェクトに取り組むことができる。例えば、夏休みの間やインターンシップという形で関与できる。 この学生たちは経験を積んだプロジェクトマネージャをメンターとし、そのメンターがディプロマ論文のアドバイザーの役割も果たす。

M+W グループについて( www.mwgroup.net (リンク ») ): M+W グループはアドバンスドテクノロジー施設、生命科学および化学、エネルギーおよび環境技術およびハイテクインフラの分野における、大手のグローバルエンジニアリング、設計およびプロジェクト管理会社である。 コンセプトの開発からターンキーサービスまで、会社はあらゆる規模のプロジェクトを管理し、早急な実現、高い品質基準および費用効率が優れた完成を確実に実現している。 プロセスと自動化技術および複雑な施設を統合されたソリューションにリンクする能力を利用して、M+W グループは主にエレクトロニクス、太陽電池、生命科学、化学、エネルギー、自動車、セキュリティおよびコミュニケーションだけでなく、研究機関および大学の分野において、大手企業に焦点を当てている。 M+W グループ GmbH が持ち株会社で、その本社はドイツのシュトゥットガルトにある。 2010年には、M+W グループは21億ユーロの注文を確保し、収入は18億ユーロ弱、従業員数はおよそ6,000人である。

M+W グループはオーストリアの Stumpf グループに所有され、この会社はハイテクエンジニアリング、スマート&再生可能エネルギー、不動産および技術投資の領域において、世界的に成功を納めている。

報道機関からのお問い合わせ
Michael Gemeinhardt
電話: +49 711 8804-1420
Email: michael.gemeinhardt@mwgroup.net

概要:M+W Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]