編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

世界的なタイヤメーカーであるピレリジャパン株式会社のCisco Unified Communications Manager(CUCM)事例を公開

~選定のポイントはDISソリューションの技術力と対応力~

ディーアイエスソリューション株式会社

2012-03-05 08:00

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区大井1-20-10、以下:Dsol)は、世界的なタイヤメーカーであるピレリジャパン株式会社のCisco Unified Communications Manager(CUCM)事例を公開しました。
「ピレリタイヤ」では、世界30カ国におよぶブランチでCisco Unified Communications Manager(以下 CUCMと略す)を導入し、ERPとSFAと連携させることで、業務の効率化と売り上げ管理の一元化を図っています。ディーアイエスソリューションでは、ピレリタイヤの日本ブランチであるピレリジャパン株式会におけるCUCMの構築をサポートした。導入の経緯と効果について詳しく話を伺い、以下の事例集を公開しました。

導入事例概要:

世界で5指に入るタイヤメーカー「ピレリタイヤ」
CUCMでコンタクトセンターを刷新
ERPとSFAをCUCMと連携
選定のポイントは技術力と対応力
ワンストップで任せることができる
本国との意思疎通が円滑に

事例の詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]