国内初:スマホ特化型広告配信システム「Bypass」がRTB(リアルタイムビッディング)の提供を開始

ngi group株式会社 2012年04月02日

From PR News

ngi group株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「ngi group」)は、スマートフォンに特化型広告配信システム「Bypass( (リンク ») )」において、(※1)RTB(Real Time Bidding)の提供を開始致します。

Bypassは、本日より当社のスマートフォン特化型(※2)SSP(Supply Side Platform)サービス「adstir」とのRTB接続を行うとともに、当社が参画するDACグループのプラットフォーム・ワン社が提供する「YIELD ONE(TM)」など、順次国内外のSSPとの接続を図り、サービスの拡充及びグローバル展開を加速致します。

【主な機能】
・RTB(リアルタイムビッディング)
インプレッションごとに広告の入札を行うことで、広告主のターゲットとしているユーザーに広告配信を行うことが可能
・広告効果自動最適化
インプレッションごとに広告効果の予測を行い、広告主のCPAに見合う価格で広告の入札を行うことで広告効果の最適化を実現
・リターゲティング配信
広告主サイトの訪問者の履歴を元に、その訪問者に再度広告を配信することが可能
・オーディエンスターゲティング ※近日実装予定

【連携予定先】
株式会社プラットフォーム・ワン YIELD ONE(TM)
ngi group株式会社 AdStir(連携済)
※その他、国内・海外のSSP/AdExchangeと順次接続予定です。

ngi groupでは今後も最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供し、急速に拡大するスマートフォン広告市場においてリーディングポジションを獲得するべく全力で事業展開して参ります。

(※1)RTB(リアルタイムビッディング)とは
広告を閲覧するユーザーの行動履歴や広告が掲載される媒体の広告効果のデータをもとに、広告主がリアルタイムに広告枠のオークションに参加し、入札を行い、広告を掲載するしくみ。
(※2)SSP(サプライサイドプラットフォーム)とは
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化することで収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと。

■ngi group株式会社 会社概要
・商号:ngi group株式会社( (リンク ») )
・上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード2497)
・代表者:代表執行役社長 金子 陽三
・事業所:東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル6F
・設立年月日:1998年2月20日
・資本金:18億4,051万 ※2011年12月末現在
・主な事業の内容:インターネット関連事業、インベストメント&インキュベーション事業
・サービスサイト:
(リンク ») (学習するアドネットワーク AD-STAサイト)
(リンク ») (広告配信統合管理システム)
(リンク ») (モバイルSEO RISEOサイト)
(リンク ») (スマートフォンアプリ媒体社向け新広告プラットフォームサイト)

※ ngi group株式会社は2012年6月22日開催予定の株主総会で、定款の一部変更が承認されることを条件として、商号を「モーションビート株式会社」に変更いたします。

PR Newsリリース詳細ページ (リンク »)
提供元:PR News (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ngi group株式会社の関連情報

ngi group株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]