コグネックス、太陽電池産業で完全なトレーサビリティーを実現するバーコードリーダDataMan(r) 302を発表

コグネックス株式会社 2012年04月05日

From Digital PR Platform


2012年4月5日

コグネックス、太陽電池産業で完全なトレーサビリティーを実現するバーコードリーダDataMan(r) 302を発表
~太陽光発電(PV)用ウェハー上の難しい二次元コード読み取りに最適な青色照明搭載~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、本日、ソーラーパネルのトレーサビリティー用途に特化した新しいバーコードリーダ「DataMan 302」を発表しました。 「DataMan 302」は、太陽光発電(PV)用ウェハー上の二次元コードを読み取るために最適な青色照明を新たに搭載しました。この高解像度(1280×1024 ピクセル)な画像ベースのバーコードリーダは、SEMI(r)規格 SEMI PV29-0212(2012年2月発行)に準拠しており、太陽光発電用ウェハーまたは薄膜ガラスパネル上にレーザーで刻印された難しいDPM (ダイレクトパーツマーク)や ECC-200 データマトリックスコードの読み取りに最適です。

昨今、再生可能エネルギー分野は、製造工程の効率化を図るために、新しい技術を急速に取り入れています。このようなニーズに対応するため、コグネックスは、この分野のお客様に最高のソリューションを提供する新製品の開発に力を入れています。今回発表した「DataMan 302」リーダは、太陽電池パネル製造業において日々変化するコード読み取りへの要望やトレーサビリティーに対する強いニーズに対応するために、ソーラーパネルメーカーが求めるバーコードリーダ製品の条件を満たす優れた機能を搭載した製品です。

■130万画素で小さなコードを広視野で読み取り
太陽電池セルのコードは、場合によっては1mm以下と非常に小さく、刻印位置もセルによって多少ずれる場合があります。従来の30万画素程度では、小さいコードを拡大して読み取るための視野が狭くなり、位置がずれた場合に読み取りエラーやコード読み取りミスの原因になります。「DataMan 302」は、130万画素で従来と同等速度の毎秒60回の取り込みができる撮像素子を採用し、位置がずれても広い範囲でコードを読み取ることができます。

■あらゆる状態のコードでも最高の読み取り率を実現
太陽電池産業用に開発された画像ベースのバーコードリーダ「DataMan 302」は、あらゆる状態のコードでも最高の読み取り率を提供します。コードが斜めに置かれている場合や、複数のコードを一度に読み取る(取り込み画像内に複数のコードが有る)場合でも、瞬時に確実にデコードできます。さらに、コグネックスの特許技術 2DMax+(tm) アルゴリズムも搭載し、印字のばらつき、クロッキングまたはタイミングパターンが損傷した二次元コードや、製造プロセスを起因とする過度なコード損傷などの読み取りにも対応します。

■柔軟性の高いレンズオプション
工場での完全なトレーサビリティーを確保するためには、ソーラーパネルの各製造工程におけるさまざまな段階で
マークを確実にデコードする必要があります。「DataMan 302」は、柔軟性の高いレンズオプションにより、最適なレンズの選択が可能です。同じモデルでも幅広いアプリケーション、たとえば、非常に狭いスペースにマーキングされたコードの読み取り、広い視野(FOV) での小さなコードの読み取り、ロボットでの搬送中に高速移動するコードの読み取りなどに確実に対応できます。

「DataMan 302」ソーラーパネル用バーコードリーダの詳細は、www.cognex.com/solarID をご覧ください。

###

コグネックス株式会社
コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。Webサイト( (リンク »)  )をご覧ください。

コグネックスコーポレーション
コグネックスコーポレーション(本社米国)は、画像処理技術を基盤としたビジョンシステム、ビジョンソフトウェア、ビジョンセンサ、産業用バーコードリーダの設計、開発、製造、販売において、世界をリードする企業です。革新的な技術を搭載しているコグネックスのビジョンとバーコードリーダ製品は、生産や流通の工程において、広範囲にわたる検査、識別、位置決めで、世界中に採用されています。1981年の創業以来30年にわたって、累計収益25億ドル以上、出荷台数70万台以上の実績をもち、最高の精度、信頼性、性能を提供する製品として全世界で高い評価を得ています。コグネックスは、米国のマサチューセッツ州ネイティックに本社を構え、日本、北米、ヨーロッパ、アジア、南アメリカなどの拠点、さらには400社以上のパートナーを含め、全世界をカバーするグローバルな体制で、卓越したサービスをお届けしています。詳しくはWebサイト( (リンク ») )をご覧ください。

###

お客様のお問い合わせ窓口
コグネックス株式会社
マーケティングホットライン
E-mail infojapan@cognex.com TEL (03) 5977-5409 FAX (03) 5977-5401

メディアの皆様のお問い合わせ窓口
コグネックス株式会社
広報宣伝部 鶴見昌子
E-mail pr.japan@cognex.com TEL (03) 5977-3488 FAX (03) 5977-5401


コグネックス株式会社
〒113-6591 東京都文京区本駒込2丁目28番8号 文京グリーンコート23階
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]