日本最大級のゴルフポータルサイトのゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)に エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームの Ginzametricsを導入

Yコンビネーター参加のGinzametricsが日本市場での事業展開を加速

Ginzamarkets株式会社 2012年04月23日

Ginzamarkets株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)は、エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームであるGinzametricsを、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)に導入しましたのでお知らせいたします。

Ginzamarkets株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レイ・グリセルフーバー)は、エンタープライズSEO管理&分析プラットフォームであるGinzametricsを、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)に導入しましたのでお知らせいたします。

Ginzametricsホームページ: (リンク »)
GDOホームページ: (リンク »)

大規模サイトにおいては、検索エンジンからのサイト訪問が一定割合を占めることが多く、SEOは最重要マーケティング施策の一つとなっています。
ビッグワードでのSEO対策とコンバージョン獲得はもとより、個々人の細かなニーズに対する対応、つまりロングテールワードでの検索結果の上位表示、並びにウェブサイトへのユーザー集客の成否が、事業収支に大きな影響を与えます。
大規模サイトのSEO対策は、欧米ではエンタープライズSEOと呼ばれ、テクニック偏重のSEO対策ではなく、組織的なSEO業務の運用として注目されています。

Ginzamarkets株式会社は、GDOにエンタープライズSEO管理&分析プラットフォーム「Ginzametrics」を導入し、SEO施策と効果把握を支援いたします。
Ginzametricsの利用により、数千数万のキーワードの順位やコンバージョンデータを自動取得でき、ビジネスインパクトのあるミドルワード/テールワードの把握が可能になるため、今後のウェブマーケティング施策の成功の一助になるものと考えております。

GDO マーケティング部 部長 中澤氏は、次のように語っています。
「SEOのPDCAはどうしても属人的なノウハウに偏りがちですが、Ginzametricsの導入により、組織としてのPDCA手法の統一や知見の共有が可能になるのではと期待しています。」

今後もGinzamarketsでは、エンタープライズSEOの効率的な業務運用と、SEO成果を上げられるよう支援する活動を行っていきます。


【株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)について】 (リンク »)
『リテールビジネス』(ゴルフ新品中古用品販売)、『ゴルフ場ビジネス』(ゴルフ場予約サービス、ゴルフレッスン予約サービス、ゴルフ場向けB2Bサービス)、『メディアビジネス』(ゴルフメディア、広告事業・モバイル事業)の3事業を展開。インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を実現。GDOクラブ会員195万人(2012年2月末)、月間ページビュー数 1億5千万PV※。東証マザーズ上場(2004年4月)。                     
※:過去最高数値

【Ginzametricsの主な特徴】
1.タグ不要、アクセス解析ツールと連携
面倒な専用タグのWebページへの挿入は必要ありません。その結果5分以内で導入セットアップは完了します。キーワード別のサイト進入数/コンバージョン/売上げデータはGoogleAnalyticsやSiteCatalystなどのアクセス解析ツールのデータをインポートして利用します。

2.数十万ワードの管理/分析に対応可能
数十万ワード/数十万ページの管理/分析可能です。そのため大規模Webサイトや多数のWebサイトを抱える企業でも問題なくご利用頂けます。

3.グローバル対応
Ginzametrics管理画面は、日本語、英語、中国語、スペイン語の4言語に、また35カ国のマーケットに対応しています。グローバルにWebマーケティング/Webビジネスを展開する企業がグローバルSEOキャンペーンを一つのプラットフォームで管理/分析することが出来ます。

4.ミドルワードやテールワードにも対応
多くの企業では、SEO管理やレポーティングを手作業で行っている為、一部のビッグワードのみ管理/分析することが大半です。Ginzametricsは各種データの集計作業やページ内分析を自動で行い、またキーワードを任意のグループ単位で管理/分析することができます。そのため、これまで難しかったミドルワードやテールワードも対応でき、ビッグワード以外でも戦略的なSEO施策を実施することが可能です。

■Ginzamarkets株式会社について  (リンク »)
アメリカのシリコンバレー(Mountain View)に本拠を置くスタートアップで、エンタープライズSEO管理/分析プラットフォームGinzametricsを開発/販売しています。Ginzametricsは世界30カ国以上で、グローバル企業、大手ECサイト、メディアサイト、リードジェネレーションサイト、代理店等で利用されています。アメリカで最も注目されるスタートアップ特化ベンチャーキャピタルであるYCombinatorのプログラムに参加(2010年夏)し、資金提供を受けています。

■会社概要
社名: Ginzamarkets株式会社
代表: 代表取締役社長 レイ・グリセルフーバー
所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21F
設立: 2010年5月(アメリカ法人)
事業内容:マーケティングSaaSのGinzametrics
URL: (リンク »)

■本リリースに関するお問い合わせ先
Ginzamarkets株式会社(ギンザマーケット)  担当:矢口
E-mail:hello-jp@ginzametrics.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Ginzamarkets株式会社の関連情報

Ginzamarkets株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]