マイクロソフトとカヤックがコラボレーション。タリーズ店頭にて実験設置したKinect(TM)サイネージ看板をWindows Developer Daysにて発表

株式会社カヤック 2012年04月24日

From ValuePress!

カヤックの新規開発ラボチームが、日本マイクロソフト株式会社とのコラボレーションとしてKinect(TM)を活用したサイネージ看板の企画・デザイン・制作を担当しました。4月24日、25日に開催される日本マイクロソフト主催の開発者向けイベント「Windows Developer Days」で展示します。

報道関係者各位
プレスリリース
 
マイクロソフトのテクノロジーと面白法人カヤック新規開発ラボがコラボレーション
タリーズ店頭にて実験設置したKinect(TM)サイネージ看板を
Windows Developer Daysにて発表



株式会社カヤック
2012年4月24日

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:柳澤大輔、以下「カヤック」)は、日本マイクロソフト株式会社とのコラボレーションで制作したKinect(TM)を使用したサイネージ看板を4月24日、25日に開催される日本マイクロソフト主催の開発者向けイベント「Windows Developer Days」にて展示いたします。マイクロソフトのKinect、.NET Micro Frameworkの技術を活用してカヤックの新規開発ラボチームが企画・デザイン・制作を担当しています。また、この作品は日本マイクロソフトの技術活用アイデアサイト「もしもソフト サイコーのIDEA」(企画制作協力:面白法人カヤック)でも紹介しています。

カヤックの社内に設置する新規開発ラボチームでは、デジタルサイネージやプロジェクションマッピングなどを取り入れた企業様とのコラボレーションを積極的におこなっています。


■日本マイクロソフトとカヤック新規開発ラボの展示作品について
Kinectサイネージ看板
このサイネージ看板は、スペシャルコーヒーショップとして全国にチェーン展開する「タリーズ」の協力にてタリーズショップの店頭に設置。その様子を撮影したムービーを両日にイベントにて展示いたします。近日中に期間限定にて、都内のタリーズショップにて実際に設置予定です。使用している技術は、Kinectによる人体検知、HTML5によるタッチパネルの描画とアニメーションのプロジェクション、.NET Micro FrameworkによるLEDとモーターの制御をおこなっています。


■「もしもソフト サイコーのIDEA」について
マイクロソフトのテクノロジーを活用して、「もしも、誰もがソフトウェアをつくることができたら?」というお題に対するアイデアを動画で紹介していく、マイクロソフトのテクノロジーのプロモーションサイト。
日本マイクロソフトが募集した一般の開発者とカヤックが共同で制作したインタラクティブラテアートも掲載予定です。これはKinectでカップの検知をおこないカフェラテの上にラテアートを投影するものです。
(リンク »)

■Windows Developer Days について
期間:2012年4月24日・25日
場所:ザ・プリンスパークタワー東京
該当作品の展示場所:EXPO会場内MSDNブース
URL: (リンク »)


【カヤック会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL: (リンク »)
所在地:神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業


【本リリースに関する取材などのお問い合わせ】
株式会社カヤック 広報 松原 佳代  前田 良二
TEL 0467-61-3399      MAIL promo@kayac.com
*本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

株式会社カヤック

株式会社カヤックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]