メルー・ネットワークス社、シンプルで安全なエンタープライズ・クラスのリモート接続を実現するAP110アクセスポイントを発表

メルー・ネットワークス株式会社 2012年05月07日

From ValuePress!

無線LAN規格IEEE802.11nによる企業内ワイヤレスネットワーキングのパイオニアである米Meru Networks, Inc.の日本法人メルー・ネットワークス株式会社が、支店や自宅勤務者、出張の多い社員を対象にした低価格な無線および有線接続ソリューション「AP110アクセスポイント」を発表

無線LAN規格IEEE802.11nによる企業内ワイヤレスネットワーキングのパイオニアである米Meru Networks, Inc.の日本法人メルー・ネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:司馬 聡、以下メルー)は、支店や自宅勤務者、出張の多い社員を対象にした低価格な無線および有線接続ソリューション「AP110アクセスポイント」を発表した。メルーのAP110を利用することで、ユーザーは無線LANから仮想プライベートネットワークを経由して、自社の企業ネットワークに容易かつ安全に接続することができる。このため、コストのかかるVPN(Virtual Private Network、仮想プライベートネットワーク)インフラが不要となる。

メルーの製品担当シニアバイスプレジデントであるカマル・アナンドは「当社のAP110アクセスポイントは、データや音声、ビデオアプリケーションへのアクセスを必要とする多くのリモートユーザーを抱える企業に最適です。」としており、また「旧来のデータセンターに対する定義は変わりつつあります。ユーザーは多様な端末を経由し、ホームオフィスやリモートオフィス、ホテルやその他様々な場所からの接続を求めています。メルーはこうしたユーザーと彼らをサポートするIT部門の双方に対して、最適な接続性と質の高いサービスを提供します。」とコメントしている。

どこからでも利用可能なエンタープライズ・クラスのワイヤレス接続

メルーのAP110は、自社外のバーチャルオフィス環境におけるデータ、音声およびビデオアプリケーション向けに設計された2ストリームの802.11n無線アクセスポイントである。AP110はシンプルなプラグアンドプレイおよびゼロコンフィグレーション(自動展開)機能を備え、企業内ネットワークへの安全なワイヤレス接続を提供する。AP110により、自宅、プライベートオフィスや出張先から企業ネットワーク内のリソースへ理想的なアクセスが可能となるため、社員のリモート環境での生産性を向上させることができる。有線ポートはVoiPフォンや他の有線端末に安全な接続性を提供する。

AP110アクセスポイントは、メルー製コントローラー、システム・ディレクター無線オペレーションシステムおよびメルー・マネジメントツールとシームレスに統合し、エンタープライズ・クラスの無線サービスを実現する。AP110にはTLS-VPN暗号化機能が内蔵されており、社内データセンター上のメルー・システム・ディレクター・オペレーションシステムに安全に「Tunnel Back(トンネルを経由して返送)」される。またシステム・ディレクターにより、AP110は企業内無線ネットワーク上の他のアクセスポイントと同様に認識およびコントロールされる。AP110は複数の高帯域幅アプリケーションを同時にサポート可能で、リモートユーザーの生産性を最大限引き出すことができる。AP110は同時に10台までの端末を接続可能で、ITサポートの必要性を最低限に抑えることができるため、リモートオフィスで発生する高価なIT経費の低減に貢献する。

メルー・ネットワークス株式会社に関する詳細は、 (リンク ») をご参照下さい。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:メルー・ネットワークス株式会社
TEL:03-5297-1221
FAX:03-5297-1222

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]