【ウォール・ストリート・ジャーナル日本版】テクノロジー業界の著名人が一同に会する米国の名物イベント All Things Digital「Dカンファレンス」を特集で紹介

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2012年06月05日

From Digital PR Platform


 5月29日から31日にかけ、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を傘下に持つニューズ・コーポレーションが主催する「D:All things Digitalカンファレンス」が米カリフォルニア州で開かれました。

 今年で10回を数えるこの催しは通称、「Dカンファレンス」と呼ばれ、テクノロジー業界の著名人が一同に会する毎年恒例の名物イベントとして知られています。今年もウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのエドウィン・キャットムル社長はじめ、スカイプのトニー・ベイツCEO(最高経営責任者)、リンクトインのリード・ホフマン会長、ジンガのマーク・ピンカスCEO、グーグルのサンダー・ピチャイ製品管理担当副社長などが出席し、自社のサービスや戦略、今後の業界見通しについて語りました。テクノロジー、メディア各業界関係者の関心も高く傍聴券も完売となって大盛況のうちに会期を終えました。

 今年最も話題を集めたのはやはり、故スティーブ・ジョブズ氏の後を継いだアップルの新CEO、ティム・クック氏。開会セッションに初登場した同氏は、新製品の発表を準備していることを明らかにしました。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版では、それぞれの登壇者がDカンファレンスで話した内容を記事やビデオで紹介しています。業界のビッグネームが勢揃いした最新インタビュー集をぜひご一読ください。 

◆「素晴らしい」新製品を準備中―アップルのクックCEOがDカンファレンスに登場  
(リンク »)

◆大型買収は「われわれのビジネスモデルではない」=ジンガCEO
(リンク »)

◆【ビデオ】故ジョブズ氏が学んだこと―オラクル・エリソンCEO
(リンク »)

◆【ビデオ】ジョブズ氏をしのんでインタビュー名場面集
(リンク »)

◆D:All Things Digitalカンファレンス(D10)特集                   
(リンク »)                        
*一部有料購読者向け記事がございます    


以上


【ウォール・ストリート・ジャーナル日本版について】

「WSJ日本版」は、世界各地に存在する約2,100名の記者や編集者らによって集められた質の高い情報の中から、日本の読者向けに記事を日々厳選して、日本の編集チームにて翻訳(意訳)したニュースサイトです。グローバルな経済動向や金融市場に関心の高い日本のビジネスリーダーに対して、「The Wall Street Journal」の良質な記事コンテンツを日本語でインターネットを通じて幅広く提供しております。

■サイト開始日 2009年12月15日

■サイト名称 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (英文名称:The Wall Street Journal, Japan Online Edition)

■サイトURL (リンク »)

■主要読者   国際的なビジネスニュースへの感度が高いビジネスリーダーや投資家など

■購読料
1カ月購読料 1,980円 (税込み)
6カ月購読料 9,960円 (税込み) 月額平均 1,660円
1年間購読料 16,560円 (税込み)月額平均 1,380円
※一部記事の無料閲覧可能

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]