DNAをデザインに変換 「DNA ID」

TBWA博報堂 2012年06月08日

From Digital PR Platform


株式会社TBWA博報堂の「Disruption Lab(ディスラプション・ラボ)」は、スタッフのDNA情報からデザインを生成し、ユニークな仕組みを備えた名刺とWebサイト「DNA ID」を制作した。

「ディスラプション」とは「創造的破壊」を意味する。ディスラプション・ラボは、打破すべき因習や既成概念を破壊し、ブランドに新しい成長をもたらす創造的なアイデアを生み出すことを意図し、職種を越えたクリエイティブ組織として2011年4月に設立された。同サイトでは、ラボに所属する各クリエイターの口内粘膜を採取してDNAを分析。独自に開発した特殊なプログラムを通して、デザインに変換した。一人ひとり異なるデザインは、サイト内と、名刺のデザインにも活用されている。DANのデザイン化のプロセスについて、エクスペリエンス・デザイナー新目要は、「DNAをサンプリングした際に得られる、個人を識別可能な数値群から、土台となる立体と、DNAパターンを簡略化した色彩のあるテクスチャーを生成し、ビジュアル化した」と話す。

名刺のデザインは、個々のクリエイターの作品紹介ページにアクセスするためのカードキーとしても機能する。名刺をWebカメラにかざしてログインすると、特定個人の作品ページを閲覧できる仕組みだ。「このサイトを見てTBWA博報堂の中に存在するディスラプションというDNAを感じてください」とチーフ・クリエイティブ・オフィサーの松井美樹は述べている。 

DNA ID  (リンク »)

制作:
チーフ・クリエイティブ・オフィサー: 松井美樹
エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター: 佐藤カズー
エクスペリエンス・デザイナー: 新目要
シニア・アート・ディレクター: 清水克弘
Web制作会社:DELTRO INC.


■株式会社TBWA HAKUHODO(TBWA博報堂)について(www.tbwahakuhodo.co.jp)
2006年に博報堂60%、TBWAワールドワイド40%出資のジョイントベンチャーとして設立されました。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにした博報堂のクリエイティブ力や研究開発力、博報堂のネットワークを活用した質の高いメディアやプロモーションサービスと、TBWAがグローバルな市場で駆使してきた「ディスラプション(破壊的創造)」というメソッドを中心としたグローバルなノウハウを融合させ、質の高いソリューションを創造・提供し、クライアントのビジネスの成長に貢献しております。
TBWA博報堂は、設立後5年間急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(米国で最も権威ある広告・マーケティング誌『Advertising Age』より2012年受賞)、「Agency Head of the Year 」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジア部門、2011年受賞)、「Creative Agency of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門、2010、2011年連続受賞)など数々の賞を受賞しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。