編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

hi-ho、NTTドコモ対応コースの「hi-ho LTE typeDシリーズ」を機能拡充。 低速時の最大通信速度を200kbpsに向上

株式会社ハイホー

From: DreamNews

2013-03-26 11:30

株式会社ハイホー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:鈴木幸一)が運営するインターネットサービスプロバイダー hi-ho(ハイホー)は、2013年4月1日より、NTTドコモのLTE網を利用したサービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」において、低速時の最大通信速度を現行の128kbpsから200kbpsに向上し、より快適なモバイル通信環境を提供いたします。

さらに、2013年5月1日より高速データ通信用データ量の翌月繰り越し、高速通信と低速通信の切り替え機能を提供いたします。これまで以上にお客様の利用用途にあわせた、効率のよいデータ通信が可能となります。

これからもhi-hoは様々な機能の提供などにより、お客様の多様なニーズにお応えしてまいります。
(※)hi-ho LTE typeD シリーズをご利用いただいている、すべてのお客様が対象です。


~サービス仕様の拡充概要~

■低速時の最大通信速度の向上

<対象コース>
hi-ho LTE typeDシリーズ

<変更内容>
低速時の送受信の最大通信速度を現行の128kbpsから200kbpsに向上します。

<変更時期>
2013年4月1日(月)

※すでにサービスをご利用中のお客様、新規のお客様いずれも対象です。
※お申し込みなどの手続きは不要です。

■高速データ通信用データ量の翌月繰り越し

<対象コース>
hi-ho LTE typeD 1GB

<変更内容>
hi-ho LTE typeD 1GBコースは下り最大112.5Mbpsの通信速度で利用できるデータ通信量(バンドルチャージ)が
月間1GBです。これまでバンドルチャージは当月末日を利用期限としておりましたが、2013年5月以降に発行される
通信量は翌月末日まで繰り越して使えるようになります。

<変更時期>
2013年5月1日(水)予定

※すでにサービスをご利用中のお客様、新規のお客様いずれも対象です。
※お申し込みなどの手続きは不要です。
※毎月自動で付与されるバンドルチャージのほか、必要な時に高速通信を可能にする追加チャージがあります。
追加チャージは従前通り、追加後3カ月後末までの利用期限となります。

■高速通信と低速通信の切り替え機能を提供

<対象コース>
hi-ho LTE typeDシリーズ

<提供内容>
hi-hoのwebページ「Myサポート」より操作することで、高速通信と低速通信の切り替えを任意に行えるようになります。

<変更時期>
2013年5月1日(水)予定

※すでにサービスをご利用中のお客様、新規のお客様いずれも対象です。

報道関係お問い合わせ先
IIJグループ 広報部
TEL: 03-5259-6310 FAX: 03-5259-6311
お問い合わせ E-mail:press@iij.ad.jp
URL: (リンク »)

お客様お問い合わせ先
hi-hoインフォメーションデスク
TEL: 0120-858140 (携帯電話専用)0570-064800
※携帯電話からのお問い合わせについてはナビダイヤル(有料)となります。
お問い合わせURL:  (リンク »)
URL:  (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]