仏ヴィテック社、業務用ビデオソリューションの新製品

世界初のデュアルSxS XDCAM HD422レコーダー

在日フランス大使館 貿易投資庁 2013年04月26日

放送局と映像制作会社のニーズに対する深い知識を背景に、フランスのヴィテック(VITEC)社は新型のポータブルメディアレコーダー「Focus FS-T2001」を開発しました。

Focus FS-T2001は、ソニーXDCAMのワークフローに完全に特化したSxSスロット2基と内臓ハードディスクを搭載した世界初のXDCAM HD422(50Mビット/秒)レコーダーです。この最新のポータブルレコーダーは、放送業界のニーズに完全に対応するものです。

Focus FS-T2001は下記のことを可能にします。
-制作ワークフローをSxS媒体、あるいは直接内蔵ハードディスクで拡張
-あらゆるSDIビデオソースを、最大50MbpsでXDCAM EX/HD HD422に記録
-ストレージのコストを削減しながら生産性アップ
-使用メディアに簡単にアクセスし、高速イーサネット(1Gbps)を介して編集、共有、閲覧
-高品位レコーダーによる撮影の高信頼化(「決して撮影チャンスを逃がさない」)

Focus FS-T2001の主な特長:
•SxSおよびSDHCアダプター用デュアルPC Expressスロット
•250GB内蔵HDDに連続8時間までの超長時間記録(50Mbps)、リムーバブルメディアを用いれば記録時間を無制限に延長可能
•コンテンツの保存・バックアップ用250GB内蔵HDDを搭載
•超高速1Gbpsイーサネットポートを介してファイル共有プロトコル(FTP/CIFS)で録画済みコンテンツにアクセスし、リモートで簡単に共有可能。
•SDI/HDMIで保存されたクリップをネイティブ解像度またはダウンスケール解像度で再生(SD伝送のニーズに合わせたHD-SD変換)
•SDI入出力、HDMI出力、およびコンポジット出力での接続が可能
•メニュー、ライブモニタリング、およびクリップ再生を表示できるLCDディスプレイを搭載

Focus FS-T2001の詳細な仕様については、インターネットサイト( (リンク ») )、データシート( (リンク ») )をご覧ください。

販売及び価格:
Focus FS-T2001はヴィテックの販売網を通じて世界的に販売されており、日本では報映産業株式会社より標準価格698,000円で販売されています。

企業名:VITEC SA
所在地:99, rue Pierre Sémard 92320 Chatillon FRANCE
コンタクト:sales@vitecmm.com 
インターネットサイト:www.vitecmm.com

日本販売代理店:報映産業株式会社 
担当者: 向井

このプレスリリースの付帯情報

製品写真

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

在日フランス大使館 貿易投資庁の関連情報

在日フランス大使館 貿易投資庁

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]