白壁蔵および伏見工場で製造した清酒が「全国新酒鑑評会」で金賞をダブル受賞!

宝酒造株式会社 2013年05月17日

From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/05/17

宝酒造株式会社

全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会である「全国新酒鑑評会」で
白壁蔵および伏見工場で製造した清酒が金賞をダブル受賞
- 白壁蔵は10年連続での金賞受賞を達成! -

 宝酒造株式会社白壁蔵(神戸市東灘区)および伏見工場(京都市伏見区)で製造した清酒が、平成24酒造年度※全国新酒鑑評会において、いずれも最高賞である金賞に選ばれました。

 当社白壁蔵は、今回の受賞で平成15年酒造年度から10年連続での金賞受賞となり、伏見工場とのダブル受賞は5年連続となります。なお、10年以上連続で金賞受賞中の製造場は他に3カ所のみとなります。(当社白壁蔵除く)

 全国新酒鑑評会とは、独立行政法人酒類総合研究所(広島県東広島市)と日本酒造組合中央会(東京都港区)が共同で開催する清酒の鑑評会です。清酒の製造場1カ所につき1点を上限に出品された清酒を官能評価し、優秀と認められたものを入賞、特に優秀と認められたものを金賞に選びます。   
 今年は全国から蔵元自慢の864点の清酒が出品され、4月23日(火)~25日(木)に予審が、5月8日(水)と9日(木)に決審が、いずれも酒類総合研究所にて開催されました。
 審査の結果、426点が入賞、うち233点が金賞に選ばれ、本日5月17日(金)午前10時に同研究所のホームページ( (リンク ») )上で発表されました。

 当社では、今後も清酒製造技術の向上に努め、消費者の皆様に喜んでいただける商品の提供に努めてまいります。

※ 酒造年度
7月1日から翌年の6月30日までを1年とする清酒の製造に関する年度。全国新酒鑑評会では、酒造年度ごとに製造された清酒(新酒)を評価しています。


◆宝酒造(株)ホームページ  (リンク »)
◆松竹梅白壁蔵ブランドサイト  (リンク »)
◆松竹梅白壁蔵「澪」ブランドサイト  (リンク »)


[お客様からのお問い合わせ先]
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]