編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

スマホをかざすと飛び出すデザイン「あそべるTシャツ」を開発

株式会社電通

From: 共同通信PRワイヤー

2013-07-05 11:15

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013年7月5日

株式会社 電通

スマホをかざすと飛び出すデザイン「あそべるTシャツ」を開発
― 触って、遊べて、楽しい写真が共有できる新しいジャンルのウェア ―

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、Tシャツにスマートフォンをかざすと、キャラクターやコンテンツが画面に飛び出し、触って遊べて楽しい写真が共有できる、今までにはない新しいジャンルのウェア「あそべるTシャツ(ASOBERU-T)」を開発しました。

 当社は、デジタル技術を活用したコミュニケーションの研究を進めています。このたび新たにファッション分野におけるデジタルの可能性を求めて、Tシャツとデジタルテクノロジーを融合させました。国内外のアパレルメーカーとコラボレーションしてデザインしたTシャツを提供していきます。
 「あそべるTシャツ」には、<PLAY⇒SHOT⇒SHARE>の手順で3通りの楽しみ方があります。

(1)PLAY:着用している「あそべるTシャツ」に対応したアプリ(無料)をダウンロードしたスマホをかざすと、AR(拡張現実)技術によって画面に登場したキャラクターと“共演”したり、デザインに反応して現れるコンテンツでインタラクティブに楽しんだりすることができます。
(2)SHOT:遊びの過程でキャラクターやコンテンツと一緒のオリジナルなシーンを撮影でき
ます。
(3)SHARE:撮影した楽しい写真をSNSや共有サイトでシェアできます。

 なお、「あそべるTシャツ」の第1弾として、7月6日にセレクトショップのBEAMSから5種類の新商品を発売します。集英社『週刊少年ジャンプ』での連載やテレビ東京でのアニメ放映で人気の「銀魂※1」(3種類)と、若者に人気のデザイン集団「ザ・ワンダフル!デザインワークス※2」(2種類)になります。

■購入方法 
BEAMS(ビームス公式サイト) (リンク »)
BEAMS(ビームス公式通販サイト) (リンク »)
BEAMS T取り扱いのあるBEAMS各店舗

※1 銀魂:『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の少年漫画作品で、作者は空知英秋氏。SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。テレビ東京系列でテレビアニメ作品として放送され、2013年7月から劇場版が公開される予定。
※2 ザ・ワンダフル!デザインワークス(The Wonderful ! design works.):1993年に発足したグラフィックデザイン、キャラクター、トイ、Tシャツデザインなど幅広く活躍するデザイナー集団。

 今後も国内外のアパレルメーカーとコラボレーションし、第2弾、第3弾の「あそべるTシャツ」を企画・開発していく予定です。

■商品概要
商品名:あそべるTシャツ(ASOBERU-T)/あそべる銀魂T、あそべるWDW T
対応アプリ:ASO銀魂-T、ASO WDW-T
推奨OS:iOS6以上、Android4.0以上
対応端末:iPhone4、iPhone4S、iPhone5、Android Galaxy S3
詳細ページ: (リンク »)
 ※「iPhone」は、Apple Inc.の商標です。
 ※「iPhone」商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
 ※「Android」は、Googleの商標です。
 ※「Android」商標は、Google Inc.のライセンスに基づき使用されています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]