編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

川崎市との包括協定の締結について

大和ハウス工業株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2013-07-19 15:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013/07/19

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

川崎市との包括協定の締結について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)と川崎市(市長:阿部孝夫)は、2013年7月19日、福祉や環境、まちづくり等の分野において連携・協力し、川崎に暮らす市民のより良い生活の実現を目的として、包括協定を締結しました。今後、本協定に基づいて、地域活性化に資する取り組みを推進します。
 なお、当社が自治体との間で福祉や環境、まちづくりを含めた包括的な協定を締結するのは今回が初めてとなります。

●連携協力の対象分野
 1.安心した暮らしを実現する福祉に関すること
 2.環境に配慮したまちづくりに関すること
 3.地域活性化のためのまちづくりに関すること

●主な取り組み
 (1)「ウェルフェア・イノベーション」の取り組みの推進
福祉・介護分野と産業の産学官連携によるイノベーションを推進するために川崎市が形成するプラットフォームに、当社が参画し、福祉・介護分野の先駆的な技術や知見を活用した新製品やサービスの創出促進に取り組みます。
具体的な取り組みとして、当社が福祉現場での介護者の負担軽減や要介護者が安心してサービスを受けられる環境づくりを目的に開発した自動排泄処理ロボット「マインレット爽」を、市内介護保険施設や在宅のモニターへ無償提供し、福祉・介護製品の活用促進に取り組みます。

 (2)環境に配慮したまちづくりの推進
創エネ・省エネ・蓄エネなどによるエコ住宅やエコオフィスの整備などに関する当社のノウハウを活用し、環境に配慮したまちづくりやスマートなライフスタイルの実現に向けた環境づくりを推進します。

 (3)賑わいや地域活性化に向けた取り組みの推進
地域と連携しながら、賑わいの創出や地域活性化のためのまちづくりの取り組みを推進します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]