編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

◎イスラエルのPV Nano Cellが350万ドルの資金調達完了

PV Nano Cell Ltd

From: 共同通信PRワイヤー

2013-08-22 14:45

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
◎イスラエルのPV Nano Cellが350万ドルの資金調達完了

AsiaNet 54007
共同JBN 0953 (2013.8.22)

【テルアビブ(イスラエル)2013年8月22日PRN=共同JBN】太陽電池とプリンテッド・エレクトロニクスの導体パターンの非接触型プリンティングを可能にする革新的なナノメトリック材料を開発、製造しているイスラエルのPV Nano Cell Ltd.( (リンク ») )は22日、約350万米ドルの資金調達を完了したと発表した。資金調達はInfinity IP Bank(中国)が主幹事者となったほかIsrael Electric CorporationのKaratプログラム、Slobel(ベルギー)、Terra VP投資ファンドが参加した。Terra VPはまた、PV Nano Cell設立時から今日まで150万ドルの投資家である。PV Nano Cellはイスラエルの経済省とエネルギー水資源省のチーフサイエンティストを含む投資から総額約550万ドルを調達した。

PV Nano Cell(PVN)は、シリコン電池の製造過程とともにナノメトリック結晶材料に基づくインクのインクジェットプリンティングを通じるプリンテッド・エレクトロニクスで大幅なコスト削減を実現する画期的な技術を開発している。インクジェットプリンティングは多くの産業分野でよく知られる大量印刷技術であり、エレクトロニクス市場で広く使われ、中でもシリコン太陽電池分野に浸透している。

PVNのインクジェット誘電性インクは、インクジェット・プリンター製造業者のマーケットイネーブラーであるとともに、プリンテッド・エレクトロニクス・アプリケーションおよび太陽電池非接触型メタライゼーション(金属被覆化)の実質的なコスト削減イネーブラー(シリコン太陽電池のワット当たりのコストを20%削減)でもあり、製造過程での危険な廃水を大幅に減らす。

PVNはインクの優れた安定性、プリンティング、誘電特性、広く商用化可能な低価格を通じて、安定した銅粒子に基づく初のコスト効率の高い誘電性インクを市場に出した(これはインクが銀のキロ当たり750ドルに対して銅がキロ当たり8ドルという極めて安価な金属であることに依拠している)。

同社は現在、中国側パートナーによる250万ドルの資金投資による合弁設立の最終段階にある。

PV Nano Cellは2010年初めに、応用化学博士でナノメトリック材料の専門家であるフェルナンド・デラベーガ博士によって創設された。現在は同社最高経営責任者(CEO)であるデラベーガ博士によると、開発された技術は印刷用太陽電池に限らずほかの分野での利用が期待される。同博士は「当社は潜在的な投資家や顧客から大きな関心を呼び覚ましているが、これは主としてわれわれが開発したインクが導体パターンの印刷で大きくコストを削減することができるためである。これまでのところ、われわれは太陽光市場に注力してきたが、この技術を多機能性電子機器のプリンティングなど、ほかのアプリケーションに適用するよう広げていく意向である」と語った。

▽Infinity IP Bank( (リンク ») )(IPB)について
Infinity IP BankはInfinity Groupと蘇州インダストリーパーク(Suzhou Industry Park)によって創設され、中国でも高い可能性があり商用化が見込まれる国際的な先端的成熟技術・IPの導入に注力している。Infinity IP Bankおよびそのパートナーは地方政府とハイテクパークを支援することに専念して、イノベーションを促進し、産業変革を速めて中国を製造センターからイノベーションセンターに変えることを支援する投資を誘致している。

▽Terra Venture Partners( (リンク ») )について
Terra Venture Partnersはイスラエルの有力な初期段階クリーンテック・ベンチャーキャピタルファンドである。Terraは企業マインドを生み出すとともにいくつかの世界最大の問題を解決するエネルギー、水、その他環境セクター発足段階あるいは初期段階の新興企業に投資している。Terraは2人のパートナーでアストール・モデナ、ハロルド・ウィーナー両博士によって経営されている。

▽Israel Electric Corporation( (リンク ») )(IEC)について
IECは社内にベンチャー部門KARAT(Accelerating Technological Ideaのヘブライ語の頭文字)を設立している。KARATは投資の枠組みを提供して、初期段階分野の革新的アイデアを開発、前進させて商用化するサービスを支援する。KARATはエネルギー関連の革新的アイデアを促進して、これらアイデアの商用化に向けて極めて初期段階のビジネスベンチャーを開発し、前進させ、資金手当てするため、起業家やその他イノベーターの投資を促すとともに協力する。

▽メディア問い合わせ先
Omri Salner
Ofir Shpigel Media and Public Relations
+972-4-9535030
Efrat@ofirpr.co.il

ソース:PV Nano Cell Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]