編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ジュレのお酒「果莉那‐Carina-」が2013年度グッドデザイン賞を受賞

宝酒造株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2013-10-01 16:30

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013/10/01

宝酒造株式会社

ジュレのお酒「果莉那‐Carina-」
「2013年度グッドデザイン賞」受賞のお知らせ

 宝酒造株式会社の“ジュレのお酒「果莉那(かりな)‐Carina‐」”が、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2013年度グッドデザイン賞」を受賞しました。グッドデザイン賞とは総合的なデザイン評価・推奨制度で、当社商品の同賞受賞は“タカラcanチューハイ「SUKISH(スキッシュ)」”、清酒“松竹梅白壁蔵<生もと純米>”、“極上<宝焼酎>25°700ml”に続き4度目となります。

 “ジュレのお酒「果莉那‐Carina‐」”をデザインするにあたっては、イタリア語で「かわいい」という意味のある商品名にふさわしいデザインとしました。本商品の特長であるとろっとした口当たりと甘い果実の美味しさを表現するため、ベネチアのアンティーク看板をモチーフにしたダイレクトプリントのグラフィックを採用。果実を想起させる丸みのあるオリジナルボトルは、女性の手でも持ちやすい大きさと形状になるよう配慮しました。受賞理由(主催者選評)は以下の通りです。

【主催者選評】
 果実系低アルコール飲料市場の近年の成長を背景に開発されたジュレ状の果実酒であり、お酒としてはまったく新しい口あたりの商品である。手のひらになじむ果実のような形状のボトルが商品の特性を伝えており、振ってくずして飲むというこれまでにない作法とともに、さまざまな飲酒シーンでの展開が期待できる。ガラス瓶へのダイレクトプリントの雰囲気も好ましく、少量のお酒をデザートのように楽しみたい女性ユーザーにとって、お酒の選択肢が広がることだろう。

 当社では今回の受賞を機に、“ジュレのお酒「果莉那‐Carina‐」”への認知がさらに深まり、より多くのファン獲得につながることを期待しています。


【受賞商品概要】

・商品名:ジュレのお酒「果莉那‐Carina‐」
・フレーバー:マンゴー・もも・梅酒
・品目:リキュール
・アルコール分:5%
・果汁分:マンゴー・梅酒:1%/もも:5%
・容量/容器:150ml/ガラス壜
・参考小売価格:246円(消費税抜き)
・発売地域:全国
・発売日:2013年3月26日(火)

※ジュレのお酒「果莉那-Carina-」には、他に<マスカット>(9月3日発売)があります。


[お客様からのお問い合わせ先]
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]