編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「ほっともっと」11月1日(金)からお米(金芽ごはん)の販売開始

株式会社プレナス

From: 共同通信PRワイヤー

2013-10-07 14:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013年10月7日

株式会社プレナス

11月1日(金)から
「ほっともっと」で
お米(金芽ごはん)の販売開始

株式会社プレナス(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:塩井辰男)は、11月1日(金)から、持ち帰り弁当のブランド「Hotto Motto (ほっともっと)」のうち2,597店で、お米の販売を始めます。

お米の名称は「金芽ごはん」で、1kg入り(650円)と3kg入り(1,700円)の2種類を販売します。

当社は同日から全国の「ほっともっと」のうち2,597店で、ご提供するお弁当のごはんを「金芽ごはん」に変更いたしますが、これを機に、お米(金芽ごはん)の販売を始めることにいたしました。
 「金芽ごはん」は、従来、玄米を白米に精米する段階で糠として取り去ってしまっていた「亜糊粉層」と「胚芽」の一部を残して精米した無洗米で、ビタミンやミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいます。また、亜糊粉層が水分を多く吸収するため、一般的な白米より膨張率が高く、ふっくらと炊きあがります。白米より少量のお米で同じ量の「ごはん」を炊けるので、エネルギー量を抑えられ、同量のごはんを食べた場合、カロリーは10%カットできます。まさに“健康的でおいしいごはん”ということができます。

当社はこれまで「ごはんへのこだわり」を持ち続けてまいりました。毎日食べる主食のごはんだからこそ、新鮮で質の高いごはんを提供したい、との思いから、100%国産米を使用。全国の産地をまわり玄米の状態で仕入れています。また、お米は鮮度が大切で、精米直後が最もおいしいといわれます。当社は国内2カ所の自社精米センターを中心に4カ所の精米所で、毎日店舗の使用量を勘案して精米しており、これを速やかに店舗へ配送する物流システムも独自に構築しております。

このたびの「金芽ごはん」販売は、このような「ごはんへのこだわり」の一環として開始するものです。
一人ひとりに「わたしのくらしになくてはならない」と感じていただける新しい食づくりを目指してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]