電子透かしウェブサービスの提供開始

秘密情報を埋め込むことで

フラクトップ株式会社 2013年12月02日

ステンドグラス制作のフラクトップ株式会社は、 インターネット上で電子透かしを利用できるウェブサービス「fractop checker」を開始しました。

電子透かしは、画像ファイルに秘密情報を埋め込む技術です。
イラストや写真など、公開する前に秘密情報を埋め込むことで、著作物の不正利用を発見するのに役立ちます。
「fractop checker」ではメッセージの埋め込みと解読を無料で利用できるほか、解読パスワードを設定することで更に高い秘匿性を保つことができます。

■fractopについて
「fractop」は、インターネット上でステンドグラスデザインを投稿することで、
ステンドグラスの販売実績に応じて著作権料を受け取ることができるサービスです。
従来のステンドグラスと異なり、誰でも手軽にデザインを制作できることが最大の特徴です。
インターネット上でデザインの公開から販売まで行うことができるため、
これまでの敷居の高さがなくなり、顧客、デザイナーにとって、ステンドグラスが更に身近なものとなります。

このプレスリリースの付帯情報

電子透かし埋め込みイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

フラクトップ株式会社の関連情報

フラクトップ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。