フランス貿易大臣訪日に伴い、フランスの産業クラスターI-CAREとECCAMIが4月2日~4日来日

在日フランス大使館 貿易投資庁 2014年03月28日

フランスのローヌ・アルプ州は、300社以上の医療機器及び医療向けIT分野のメーカーとその下請企業を擁し、成長著しい医療分野におけるヨーロッパのリーダー的存在です。およそ2万人の直接雇用を生み出すこの重要な地域産業は複数のクラスターを形成しています。

そのうち I-CAREクラスターとECCAMIの両クラスターは、フランス貿易大臣訪日に伴うメディカルテクノロジー関連企業ミッションの一環として、4月2日~4日にかけて来日します。
I-CAREとECCAMIには、企業、研究所、主要な医療施設(リヨン、グルノーブル、サンテティエンヌの病院)の専門知識が集積しています。低侵襲手術、インプラント、医療画像用ソフトウェアといったローヌ・アルプ地方の医療技術関連企業が100社以上集まった両クラスターは、がん治療、整形外科、神経学、パーキンソン病のような疾病に対するコンピュータ・アシスト外科技術などで世界的に認知されています。

活発なパートナーシップまた商談を求めてローヌ・アルプからIMACTIS, FLUOPTICS, INOVA Software, EYE TECH CAREの 4社が来日するということは、フランス企業の日本医療への関心の証しです。これら4社は、ローヌ・アルプを代表するエダップテクノメド、トルニエといったすでに日本に進出を果たしている企業や、ローヌ・アルプ州企業開発国際局(ERAI)また日本での販売活動を進めているZODIAC社とAMPLITUDE社の存在を認識することになるでしょう。
また一方で、ローヌ・アルプ州の首都リヨンには、日本からオリンパスやキスコ インターナショナル(大塚グループ)の2社がすでに進出し、クラスターにダイナミズムをもたらしています。

広報資料
(リンク »)

各クラスターについて、詳しくはサイトをご覧ください。
(リンク »)   
(リンク »)   

コンタクト:
Cluster I-Care, le Cluster des Technologies de la Sante Rhone-Alpes.
Mr Gerald COMTET / Manager
Email : gerald.comtet@i-carecluster.org
Tel: +33 (0)4 72 72 70 62
所在地:Batiment Domilyon – Business Center (1er etage)
321, Avenue Jean Jaurès, 69007 LYON, FRANCE

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

在日フランス大使館 貿易投資庁の関連情報

在日フランス大使館 貿易投資庁

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]