新規技術WT1 ペプチベータの導入で 治療対象患者拡大および治療効果向上へ

瀬田クリニックグループ 2014年04月01日

From 共同通信PRワイヤー

2014 年4 月1日

医療法人社団滉志会

新規技術・WT1 ペプチベータの導入で治療対象患者拡大および治療効果向上へ
- 患者さんの白血球の型を問わないWT1 抗原を用いた樹状細胞ワクチン療法の提供開始 -

医療法人社団滉志会瀬田クリニックグループは、4 月1 日より、WT1 ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法の提供を開始致します。
今回、新たに提供するWT1 ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法は、これまで白血球の型(HLA型)によって治療が提供できなかった患者さんに対しても治療が提供できるようになったことに加え、CTL(キラーT 細胞)を活性化、増強するヘルパーT 細胞を増やすことにより、治療の更なる有効性向上が期待されます。

《 WT1 ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法のメリット 》

●どのような白血球の型(HLA 型)の患者さんでも利用可能
WT1 は、様々ながんに発現していることが報告されているタンパク質であり、有望ながん抗原の一つと考えられています。従来は、その断片であるWT1 ペプチドを樹状細胞ワクチン療法に用いる場合がありましたが患者さんの白血球の型(HLA 型)の検査の結果、型が合わない場合はWT1 ペプチドを用いた治療を行うことができませんでした。今回、瀬田クリニックグループが導入するWT1 ペプチベータは、配列が異なった複数のペプチドの混合物であり、WT1 タンパク質の全配列をカバーしています。そのため、どのようなHLA 型の患者さんに対してもWT1 を使った樹状細胞ワクチン療法の実施が可能となりました。

●CTL(キラーT 細胞)とヘルパーT 細胞の双方を増やす
WT1 ペプチベータは、樹状細胞ワクチン療法において直接的にがんを殺傷するCTL(キラーT 細胞)を増やし、更に、CTL(キラーT 細胞)を増強するヘルパーT 細胞も同時に誘導できることが見込まれることから、従来のものよりも高い治療効果が期待されています。

WT1 ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法、ならびに従来のWT1 ペプチドを用いた樹状細胞ワクチン療法を実施する場合、CTL(キラーT 細胞)の攻撃目標となるWT1 抗原が、がん細胞に出ているかどうかを調べる検査が必要です。大学病院などの臨床試験では、治療の適応を決定する際に必ず行われる検査ですが、民間医療機関で免疫細胞治療が提供される場合には、検査を実施し、適応を判断するケースは限られています。瀬田クリニックグループでは、攻撃目標であるWT1 の発現状況を調べる検査を実施し、治療前に適応を判断することで、患者さんにより効果的な治療を提供してまいります。

なお、本治療の提供開始に先立ち、独国ミルテニーバイオテクGmbH 社からWT1 ペプチベータの提供を受け、欧州・豪州・韓国・米国および日本で樹状細胞ワクチン療法の技術的特許を有する株式会社メディネット(神奈川県横浜市)の技術提供のもとで解析研究を行いました。その結果、WT1 ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法が安全に実施可能であり、抗腫瘍効果を発揮するCTL(キラーT 細胞)を誘導することが確認されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]