全国の50~70代男女650人に聞く 「冬の体の悩み」実態調査 

クリルオイル研究会 2014年04月06日

From 共同通信PRワイヤー

2014年4月6日

クリルオイル研究会

全国の50~70代男女650人に聞く
「冬の体の悩み」実態調査 
~節々の痛みに悩むシニア達、ケアは対症療法が中心~
~「クリルオイル」サプリによるケア、認知は低いが知ればニーズは高い~

クリルオイルの健全な発展と普及啓発を図ることを目的とするクリルオイル研究会(東京都中央区/代表発起人 矢澤一良)は、2013年12月12日(木)~13日(金)、全国の50代~70代の男女650人を対象に、「冬の健康の悩みに関するアンケート」(インターネット調査)を実施しました。
その結果、シニアの冬の健康の悩みのトップは関節痛で、ケアは何もしないか対症療法が中心、ただし「クリルオイル」サプリによるケアは、存在を知れば関心を示すことが分かりました。

■ シニアの健康不安ー体調不良世代は50代。70代は健康に気遣い比較的元気。
● シニアの過半数(51.2%)が健康に不安があり、73.4%が将来の健康に不安。
  特に50代は健康不安が強く、60代、70代を上回る。
● 何らかの体調不良を感じる人が9割(89.8%)。これも50代で高い。
  一方、健康のために色々気遣って対策しているのは70代。

■ シニアの冬の体の悩み、1位は「関節痛など節々の痛み」。
● 特に冬は健康上の悩みが「増える」(64.0%)。冬場につらい体調不良、
  1位は「腰痛・関節痛など節々の痛み」(59.4%)。これも50代で最も高率。

■ 関節痛の対策は、湿布などの対症療法か、何もしないのが主流。
● 悩みの関節痛の対策は、「市販の湿布や薬を使用」(37.6%)、
  次いで「何もしない」(28.2%)。
● 「外側からのケア(貼り薬、サポーターの使用等)が多い」(47.7%)と自分自身が実感。

■  サプリメントなどによる内側のケア、詳しくないだけで関心はあり。
● 関節痛の内側からのケア(飲み薬、サプリメントの摂取等)については、
  詳しくない(90.8%)が関心はある(41.1%)。

■   サプリメントに求めるのは、広く健康に役立つこと。クリルオイルも高評価
● サプリメント摂取経験者は61.5%。特定の症状改善より、広く健康維持を目的に摂取している。
● サプリメント「クリルオイル」の効能、知れば関心大。
  効能認知後の摂取意向は4割(39.1%)。




<調査概要>
■調査対象者  50~70代の男女 650名
■調査地域   全国
■調査方法   インターネット調査
■調査期間   2013年12月12日(木)~2013年12月13日(金)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]