◎TI Automotiveがプラスチック燃料タンク製造技術で3回目のPACE賞

TI Automotive 2014年04月09日

From 共同通信PRワイヤー

◎TI Automotiveがプラスチック燃料タンク製造技術で3回目のPACE賞

AsiaNet 56452
共同JBN 0401 (2014.4.9)

【オーバーンヒルズ(米ミシガン州)2014年4月9日PRN=共同JBN】
 *新しいTank Advanced Process Technology(TAPT)は、受賞歴のあるShip-in-a-Bottle(SIB)プロセスを発展させたもので、燃料タンクアセンブリの中の燃料コンポーネントの統合に柔軟性を与える。
 *極めて適用性のあるプロセスによって、唯一のツーリングセット設計から現行のブロー成型マシンで異なるタイプの貯蔵タンクを製造することができる。
 *TI Automotiveは2009年以来3回目のAutomotive News PACE Awardを受賞。

流体貯蔵・移動・分配技術の世界大手サプライヤーであるTI Automotiveは、プラスチック製燃料タンクの製造に対する革新的なTank Advanced Process Technology(TAPT)で2014 Automotive News PACE Awardを受賞した。

TAPTは柔軟な製造プロセスであり、ディーゼル、ガソリン、フレックス燃料、部分的ゼロエミッションビークル(PZEV、低公害車)、ハイブリッドなどあらゆる種類のパワートレイン向け各種タンクを製造することができる。OEM各社は現在まで、伝統的にエンジンの種類もしくは地域的差異によって異なる車両用タンクを調達している。TAPTはすべての車両プラットフォームの世界標準化をもたらす。

この新しい製造プロセスは、2009 Automotive News PACE Awardを受賞したTI AutomotiveのShip-in-a-Bottle(SIB)燃料タンクを発展させたもので、ブロー成型の際にあらかじめ組み込んだキャリア・アッセブリーがプラスチック成型パリソン(プラスチック原料をブロー成形機で溶かして成型したパイプ)の中に挿入される。SIBは世界で初めてプラスチック製PZEV用サドル型燃料タンクの製造を可能にする一方、燃料システムコンポーネントの配置は10インチ(25.5センチ)のプラスチック成型パリソンのオープニングプロセスが理由で一部のアプリケーションに限られた。

TAPT処理中、あらかじめ形成されたブロー成型用パリソンは2等分割されるとともに、ロボットがサイズやロケーションの限界なしにタンクアセブリーの指定の位置に燃料システムコンポーネントを挿入する。全体プロセスは1分以下で済み、モールド・ツーリング設計の中にグリッパー機能の成功のカギを付加して既存のブロー成型機器を使用する。

TI Automotiveのビル・コズィラ会長兼最高経営責任者(CEO)兼社長は「TI Automotiveはプラスチック燃料タンクの製造で大きく前進した。今回の受賞はイノベーションに対する当社の世界的コミットメントを支える。TAPTは車両の設計に大きな柔軟性を与え、アプリケーションに応じて重量を軽減し、タンク内で燃料がたてるノイズを減らす一方、剛性を増し、世界の車両プラットフォームをサポートする世界的標準を樹立する」と語った。

TAPTはさらにまた、ユニークな二重成型プロセスを通じて、ハイブリッド車量アプリケーション向けの硬化型もしくは加圧型の燃料タンクの組み立てを可能にする。製造過程で、硬化構造がタンクの中に挿入され、ハイブリッド電気自動車のバッテリーパックの動作状況の下で形状と圧力を保持することができる。

TAPTに基づく燃料タンクは現在、メルセデス・ベンツのSクラス用に製造中であり、欧州、米国、アジアでさらに追加プログラムを開発中である。TI Automotiveは技術的に重要な有効機能に対し20以上の世界特許を得ている。

今回のAutomotive News PACE Awardは、同社が過去6年で受けた3回目の受賞である。TI AutomotiveはShip-in-a-Bottle(SIB)に加えて、2010年にはDual-Channel, Single-Stage(DCSS)燃料ポンプでも受賞している。

さらに詳しい情報は (リンク ») を参照。

▽TI Automotiveについて
「Fluid thinking(流体思考)」(商標)はTI Automotiveの理念を形成している。世界の自動車メーカーは、識見を持って業界を変革する流体貯蔵・移動・分配技術の開発に特化するTI Automotiveを頼りにしている。

世界29カ国130カ所に2万3000人の従業員を擁するTI Automotiveの強さは、明日の自動車産業に対して高まる燃料経済性と排出規制に創造的に対応し、それを超える能力にある。

ソース:TI Automotive

▽問い合わせ先
Frank Buscemi, Global Communications Director,
+1-248-494-5417,
fbuscemi@us.tiauto.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。