テラデータ、業界で最も完全なビッグデータ分析ソリューションを発表

日本テラデータ株式会社 2014年04月10日

From 共同通信PRワイヤー

2014年4月10日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、業界で最も完全なビッグデータ分析ソリューションを発表
Teradata QueryGrid は、データ駆動型ビジネス向けに比類ない分析能力を提供、データレイクとしての Hadoop の価値を拡大

[2014年4月7日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの翻訳です]

プラハおよびカリフォルニア州サンディエゴ発 ― 企業はデータの収集と解釈に苦戦を続けています。データが多様な分析システム群に拡散し、しかもそれぞれのシステムが様々な種類の処理やデータ形式を扱っているためです。データ分析プラットフォーム、マーケティング・アプリケーション、およびサービスのリーディング・カンパニーである、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ) は本日、業界で最も完全なビッグデータ・ソリューション、Teradata QueryGrid を発表しました。Teradata QueryGrid は、企業全体そしてそれを超えて分析業務を最適化する唯一のソフトウェアです。

企業は、データ分析の広がりと精度を拡大し、企業運営上の要求に対応する術を求め続けています。課題となっているのは、多種多様にわたる新しい分析エンジン、ファイル・システム、ストレージ技術、手続き型言語、データ型を、相互補完的に統合された分析アーキテクチャとして結集させる最良の方法は何かという点です。

「データ連携の試みは多くの理由により成功までたどり着きません。ビッグデータから価値を引き出すために、顧客企業は並列データベース群だけでなく、各種のサーバー群も含めて分析プロセスを連携させることが可能なアーキテクチャを構築する必要があります。Teradata QueryGrid はこのような作業をこなすことができる、革新的で柔軟性の高いソフトウェアです」Teradata Labs のプレジデント Scott Gnau はこのように述べています。「ユーザーが分析エンジンやファイル・システムを選択すれば、Teradataソフトウェアは単一の SQL を実行するだけで、データを移動させることなく、複数システム間で分析処理を連携させます。加えて、Teradata はこれを複数のファイル・システムやエンジン群において同一のワークロードとして実行させます」

「テラデータは、Hadoop および Aster SQL-H の HCatalog との統合を開発することによって、顧客が Hadoop に格納された膨大な量のデータ上で先進の分析機能を直接実行できるようにしました」と Hortonworks の CTO、Ari Zilka氏は述べています。「現在テラデータは、この統合を Hadoop へのプッシュダウン処理を装備するという次の段階に進めています。これによって、Hortonwork の Stingerイニシアチブによる Hiveパフォーマンスの向上を活用し、速度と規模において先例のない結果がもたらされます」

Teradata QueryGrid は、透過的なセルフサービスによるデータ・アクセス機能と、単一の Teradataデータベースまたは Asterデータベースのクエリーから様々なシステム全体の分析処理を実行する機能をユーザーに提供することによって、ゲームのルールを変えます。Teradata QueryGrid は、分析エンジンとファイル・システムを使用してそのパワーをデータへのアクセスとその分析に集中させます。特別なツールや IT による煩わしさはありません。データが存在する場所でデータを処理することによって、データの移動や複製を最小限に抑えます。

QueryGrid機能が搭載された Teradata Database 15 では、オープンソースの Hadoop、Teradata Aster、およびその他のデータベースとの間での双方向のデータ移動およびプッシュダウン処理が可能です。Teradataデータベースからクエリーを開始し、Hadoop、Aster、およびその他のデータベース環境にあるデータのサブセットにアクセスし、フィルタリングしてから、さらに追加の処理を行うために Teradataデータベースにデータのサブセットを返すことが可能になります。Teradata Database と Hadoop のデータを合わせて分析することができます。

Teradata Unified Data Architecture は、Teradataデータベース、Teradata Aster Discovery Platform、および Hadoop のテクノロジーを統合し、Teradata QueryGrid が Teradata と Aster のクエリーの機能を拡張、強化してユーザーに堅牢な洞察を提供できるようにします。

Teradataデータベースと Teradata Aster Discovery Platform を活用するユーザーは、Teradata QueryGrid から双方向のデータ移動とプッシュダウン分析処理という恩恵を受けます。テラデータは将来のビジョンとして、分析エンジンとファイル・システムをつなぎ合わせ、全社での分析処理を拡張していく予定です。

Teradata QueryGrid の機能は、2014年第3四半期より提供されます。

##

本リリースのウェブサイト: (リンク »)

##

Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。
(リンク »)

日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

##
Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]