編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

同僚とつながるメッセンジャーアプリ『Pequod(ピークォド)』にメッセージ入力の様子が可視化される「リアルタイムテキスティング機能」を追加!

株式会社リクルートホールディングス

From: Digital PR Platform

2014-04-14 11:00


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは、メッセンジャーアプリ『Pequod(ピークォド)』(iPhone/Android対応)にユーザーがメッセージ入力をしている様子をリアルタイムで可視化し、「おしゃべり」感覚を味わえる「リアルタイムテキスティング機能」を追加いたしました。

▼『Pequod』のダウンロードはこちら
iPhone版
(リンク »)

Android版
(リンク »)

▼『Pequod』公式サイト
(リンク »)

――――――――――――――――――――
■『Pequod』とは
――――――――――――――――――――
『Pequod』はメディアテクノロジーラボが2014年2月にリリースした仕事で使える無料のメッセンジャーアプリです。いつでもどこでも、簡単に会社の同僚とコミュニケーションできる手段を提供します。必要なのは会社のメールアドレスだけ。個人の電話番号やメールアドレスなどは一切必要ありません。

――――――――――――――――――――
■そんな『Pequod』に「リアルタイムテキスティング機能」を追加!
――――――――――――――――――――
今回追加した「リアルタイムテキスティング機能」はメッセージの発信者側がテキストを1文字入力するごとに受信者側の画面にリアルタイムにその入力内容を反映する機能。まるで面と向かって言葉を交わしているような感覚を味わうことができます。
メディアテクノロジーラボは『Pequod』に「リアルタイムテキスティング機能」を実装したことで、メッセンジャーアプリによるコミュニケーションを、より「おしゃべり」に近いものに進化させました。

――――――――――――――――――――
■今後も続々と機能を追加していく予定!
――――――――――――――――――――
『Pequod』は、ビジネスシーンでご利用いただける便利なアプリを目指して、今後も以下のような機能追加を予定しています。
 ・取引先やパートナー企業など外部関係者の招待機能
 ・仕事のシーンで使いやすいスタンプ機能
 ・デスクワークの方にも使いやすいブラウザ版
 ・音声通話機能

――――――――――――――――――――
■アプリ概要
――――――――――――――――――――
・アプリ名:Pequod (ピークォド)
・価格:無料
・登録カテゴリー:通信、ビジネス、ソーシャル
・対応機種:iPhone / Android
・対応OSバージョン:iOS7.0以降、Android4.1以降
・アプリのダウンロード方法:App Store、Google Playにアクセスし『Pequod』と検索
・アプリダウンロードURL: (リンク »)

――――――――――――――――――――
■『メディアテクノロジーラボ』とは
――――――――――――――――――――
メディアテクノロジーラボは、リクルートが培ったメディアの知見と、テクノロジーの観点から、新たなメディアやコミュニケーションのあり方を研究開発することを通じて、生活者にとって適切で利便性の高い情報流通が行われる豊かな情報社会の実現を目指しています。

▼メディアテクノロジーラボとは
(リンク »)

▼リクルートグループについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
(リンク »)
――――――――――――――――――――
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]