◎USFDA、MHRA、Lachman Consultantsなど結集 CPhI医薬品規制年次サミット開催

UBM India 2014年04月16日

From 共同通信PRワイヤー

◎USFDA、MHRA、Lachman Consultantsなど結集 CPhI医薬品規制年次サミット開催

AsiaNet 56523
共同JBN 0431 (2014.4.16)

【ムンバイ(インド)2014年4月16日PRN=共同JBN】UBM Indiaは4月23日から25日まで、インド・ムンバイのホリディ・インに米食品医薬品局(USFDA)、英医薬品医療製品規制庁(MHRA)、Lachman Consultantsの代表を集め、第3回CPhI医薬品規制年次サミット(the 3rd Annual Global Pharma Regulatory Summit)を開催する。3日間の戦略サミットは、製薬会社が最近抱えている規制上の懸念を明らかにする。

(Logo: (リンク ») )

サミットは国際的に著名な規制機関が導入した最新の指針に焦点を当てる。USFDAのスミット・セン博士、MHRA上級監査官のアンジャナ・アガルワル博士、Lachman Consultantsのフラン・ジップ社長、元MHRA職員のブリジェシュ・パテル氏ら主だった規制担当者が演壇に立ち、規制に関する懸念を払しょくする。

この規制サミットで討議される主要議題には、各種実行を支援する規制、手続き上の指針を受け入れるために金属・自然不純物の拒絶を軽減、管理する分析的方法論が含まれる。議題の詳しい情報と講演者一覧は (リンク ») を参照。

サミットはCipla、Sun Pharma、Dr Reddy's Laboratories、Piramal Enterprises、Glenmark Generics、Jubilant Life sciences、GlaxoSmithKline Asia、Zydus Cadila、USVなど各社からすでに120人以上の代表参加が見込まれている。

▽UBM Indiaについて
UBM Indiaは人々を魅了し、企業を豊かにするインドの大手ライブメディアおよびイベントの大手企業である。UBM Indiaは展示会ポートフォリオ、コンテンツが充実した会議・セミナー、技術メディア、ライブイベント、データサービス、強力なメディアブランドによって世界中のバイヤーとセラーを集めるプラットフォームを業界に提供する。UBM Indiaはインドで毎年、20以上の大規模展示会、40の会議を開催し、これによって複数業界間の取引が実現する。UBM Asiaの1企業であるUBM Indiaはムンバイ、ニューデリー、バンガロール、チェンナイにオフィスがある。UBM Asiaはロンドン証券取引所に上場しているUBM plcの子会社である。UBM Asiaはアジアの大手展示オーガナイザー企業で、中国、インド、マレーシアでは最大の民間オーガナイザーである。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽問い合わせ先
Suvidha Shetty
conferences-india@ubm.com
+91-(0)22-6172-7001

ソース:UBM India

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]