スマートフォンOS アンドロイドマルチタッチデジタルサイネージ発売

株式会社SKRテクノロジー 2014年04月18日

From 共同通信PRワイヤー

2014年4月18日

株式会社SKRテクノロジー

21.5インチマルチタッチキオスク端末、46インチAndroidサイネージ機器販売開始

株式会社SKRテクノロジー(本社:東京都大田区、代表:関本明史)はスマートフォンでおなじみのアンドロイドOSを使用したマルチタッチデジタルサイネージシステムを開発、販売を開始する。販売するのは、専用サイネージプレイヤー(Android4.22miniPCマルチタッチドライバー組込STB)とマルチタッチデジタルサイネージ機器のセットで、21.5inch(ワイドタイプFHD)キオスクタイプから32inch~55inchサイズの公共施設向けタイプ、32~103inchマルチタッチ電子黒板タイプまでラインアップが充実している。

スマートフォン、Androidタブレットと同じ操作を可能にする専用セットトップBOXで、フリックはもちろんピンチイン・アウトといった地図アプリには必須な動きをスムーズにこなす。専用のサイネージPCも業務用では最新のJelly Bean (Android4.2) を搭載し、電源自動立ち上げモード搭載・SystemBar+NavigationBar非表示対応、スリープモードキャンセル機構など、OSをカスタマイズしている。Androidアプリを大画面(フルハイビジョン)での操作等に最適なシステムとなります。
AndroidOSマルチタッチウォールサイネージ
(リンク »)
アンドロイドOS駆動マルチタッチ21.5inchキオスク端末
(リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]