【Twitter分析】GWの新たな過ごし方を予想~アニメファンから一般へ、拡大する“聖地巡礼”~

株式会社ホットリンク 2014年04月21日

From 共同通信PRワイヤー

2014年4月21日(月)

株式会社ホットリンク
株式会社ホットリンクコンサルティング

ゴールデンウィークの新たな過ごし方を予想
~アニメファンから一般へ、拡大する“聖地巡礼”~

株式会社ホットリンク(代表取締役社長CEO:内山 幸樹、本社:東京都千代田区)のグループ会社である株式会社ホットリンクコンサルティング(代表取締役社長:成瀬功一郎、本社:東京都千代田区)は、ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」を使って、今年のゴールデンウィーク(以下「GW」)の動向調査を行いました。その結果、これまでは、一部のアニメファンの行動と考えられていた”聖地巡礼”が、一般にも拡がりつつあることを確認することができました。

【 レポート詳細 】
--------------------------------
GWに関するツイート数について、2014年は2013年と同様な形で推移しており、今後も昨年と同様、GW直前に急激に増加するものと思われます。ただし、4月1日~4月14日までの2週間のツイート数を比較すると、2013年の約42万件から2014年は約38万件と10%程度減少しています。これは、今年のGWが飛び石連休となり、長期の休みがとりにくく、盛り上がりに欠けているためであると思われます。

GW期間中の過ごし方に関する各ワードの言及数がデータ全体に占める割合を調べると、「仕事」、「バイト」がトップ2であり、どこかに出かけたいものの、仕事やバイトがあるため、なかなか出かけられない様子がうかがえます。また、「旅行」や「帰省」、「イベント」、「ライブ」と並び、「オフ会」がGWの過ごし方の一つとして定着していることも確認することができました。なお、主要なワード以外では、「宅飲み会」(自宅での飲み会)、「メンタル回復」(ストレス解消)などが目を引き、お金をかけずに友人と自宅で過ごしたり、日頃の仕事の疲れを癒したりする傾向も見られます。

旅行先の場所に関する各ワードの言及割合について、国内では「東京」、「大阪」、「沖縄」、「北海道」、「京都」、海外では「韓国」、「台湾」の言及が多く、また、地名以外では、「温泉」以外に「近場」が上位にランクしており、今年のGWが飛び石連休であることも影響してか、近場で過ごす人が多いであろうことがうかがえます。

続きは、こちらでご覧いただけます。
(リンク »)


■株式会社ホットリンクコンサルティングについて( (リンク ») )
ホットリンクコンサルティングは、企業のマーケティング戦略立案・実現を目的としたビックデータ活用を、独自の視点で推進・強化・支援いたします。
企業にとって最適なデータ活用を実現するため、ソーシャル・ビッグデータをはじめとしたシングルソースのデータ分析から多様なデータを組み合わせたアドバンストアナリティクスの適用、そして予兆発見や需要予測への応用まで、ビジネス、アナリティクス、テクノロジーを融合させたコンサルティングを提供しています。

■株式会社ホットリンクについて( (リンク ») )
ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダーです。大量のソーシャル・ビッグデータをリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び風評をモニタリングする「e-mining」を、現在まで累計1600社以上に提供してまいりました。また同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、APIを通じてサードパーティ向けに提供しています。また、2013年6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]