◎UTZがトルコで持続可能なヘーゼルナッツ生産計画開始へ

UTZ Certified 2014年04月23日

From 共同通信PRワイヤー

◎UTZがトルコで持続可能なヘーゼルナッツ生産計画開始へ

AsiaNet 56511
共同JBN 0426 (2014.4.23)

【アムステルダム2014年4月23日PRN=共同JBN】UTZ Certifiedはヘーゼルナッツ生産に健全な持続可能性標準をもたらすことを目指して、トルコで3年計画を開始する。パイロット・プロジェクトがトルコ国内3カ所のヘーゼルナッツ生産地域である北東部のトラブゾンとギレスム、北西部のデュズジェで実行され、約175軒の農家が参加する見込みである。Migros/Delica AG、Natra、REWEグループなどのUTZメンバー企業がこの計画に積極的に協力している。

(Photo: (リンク ») )

UTZはヘーゼルナッツ生産における持続可能性の3本の柱(人、利益、地球環境)に対応する初めての認証プログラムである。このパイロット・プロジェクトにおいてUTZ Certifiedはヘーゼルナッツ部門に持続可能な生産をもたらすため、安全・健康的な労働条件、適正な農業規範、環境保護に関する一連の必要条件を適用する。

トルコは世界のヘーゼルナッツ生産の約70%を占めており、その大半は欧州諸国に輸入され、製菓業界で使用されている。製菓業界は、消費者へのよりよい製品提供のために、より幅広い持続可能性措置が必要であることを認識している。

UTZ Certifiedのエグゼクティブ・ディレクターであるハン・デ・グロートは「UTZはこの挑戦に応える熱意を持っており、2016年初めまでに市場で初めての認証ヘーゼルナッツ生産が実現すると期待している」と語っている。同氏はさらに「UTZは貿易、食品業界、小売り、NGO等のパートナーの献身的な連合によって、ココア、コーヒー、茶類で信頼できる持続可能性プログラムに投資することが可能であると証明した。今度はわれわれの経験をヘーゼルナッツ部門に適用する時である」と結論づけている。

持続可能なヘーゼルナッツ生産の必要条件は生産者、業界、政府機関、NGOなどの利害関係者との緊密な協議で作成され、UTZ Certifiedの管理基準と合致するように作成されたヘーゼルナッツ・モジュール草案にまとめられた。このモジュールは3月1日から4月14日までUTZのウェブサイトで公共協議用のために公開され、2015年に第2ラウンドの協議が行われる。

▽UTZ Certifiedについて
UTZ Certifiedはコーヒー、ココア、茶類の持続可能な生産のためのプログラム、ラベルである。その使命は持続可能な農業が標準である世界をつくり出すことである。UTZのプログラムによって農業者はよりよい生産方法・農園管理を学び、労働条件を改善し、人々や環境をより気遣うことができる。UTZ認証を受けた農園、企業の厳しい必要条件の順守状況は独立第三者機関によって細かく監視される。詳しい情報は (リンク ») へ。

ソース:UTZ Certified

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]