◎国際バカロレアのキャリア・プログラムがWISE賞候補に

国際バカロレア 2014年04月23日

From 共同通信PRワイヤー

◎国際バカロレアのキャリア・プログラムがWISE賞候補に

AsiaNet 56561
共同JBN 0450 (2014.4.23)

【ハーグ(オランダ)2014年4月23日PRN=共同JBN】国際バカロレア(The International Baccalaureate 、IB)は23日、社会を変革する革新的な国際教育プロジェクトを表彰するWISE(国際教育改革サミット)賞の候補になった。IBのキャリア・プログラム(Career-related Certificate 、IBCC)は最終候補15のひとつになり、その中から6つの受賞者が9月に発表される。

(Logo: (リンク ») )

(Photo: (リンク ») )

IB事務局長のシバ・クマリ博士はこのニュースに対し、「IBプログラムがWISE審査委員会の選抜候補者リストに入ったことは大変名誉なことだ。IBは若年層の失業の増大、スキル格差などの危機的状況をはじめ世界の教育の問題に取り組んでいるが、このような権威ある団体が表彰してくれることをありがたく思う。今までの伝統的な職業および産業教育は大きく変わらなければならない。IBCCはより多くの学生が国際志向、批判精神、よりよいコミュニケーション能力と厳格な学問的教育課程を身に付けて卒業することを確かなものにしている。国際化した経済のもとではそのような世界的な視野、生涯学習、分析能力が大変必要とされている」とコメントした。

IBCCはIBが提供する4プログラムの1つで2012年に始められ、中等教育の最後の2年間で職業教育コースを取る学生に向けられたものだ。同プログラムは厳格な学問と学校における職業関連プログラムを組み合わせ、急激に変化する現代社会の職業生活で成功できるよう学生を訓練している。

これは特に世界の失業率の高い地域において効果的である。例えば、英国ケント州では若年失業率が急上昇してきており、場所によっては27%にも達している。ケント州にあるDane Court Grammar Schoolの筆頭教頭ポール・ラクスムア氏は「当校はコミュニティーを変革し地域のすべての学生の熱意を高める手段としてIBCCを利用している。そしてその通りのことが起きている」と述べた。数字をみればこの成功の様子がよく分かる。複数の学校の報告によれば、IBCCを完了した学生のうち、70%がそれ以前はその選択肢(IBCC)を考えもしなかったにもかかわらず、さらに上の学校、または高等教育、あるいは職業訓練に進んでおり、29%は就職している。

IBCCは現在までに世界14カ国の73校で実施されている。同プログラムの成果を見ると、アカデミックな勉強と職業に関係した勉強を組み合わせれば学生にとって得るものが大きいということが分かる。クマリ博士は以下のように語っている。「プログラムの第一段階は非常に肯定的なものだった。われわれはより広範な学校をカバーし、より多くの学生に手を伸ばすためにはIBCCの適用範囲を広げたら良いか最善の方法を探っている。学生たちが広範囲にわたる柔軟な教育を得ることができれば知識、実務訓練、知的関与、そして他のプログラムでは得られない国際志向などを得ることができる。そのことは彼らのより高いスキルの認知技術、アカデミックな行動を開発することになり、これが雇用適正の強化や世界観の劇的な変化につながっていく」

▽メディア問い合わせ先
(リンク »)
(リンク »)

ソース:The International Baccalaureate

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]